Amazon 特選タイムセール開催中

【初心者向け】美しい夜景写真の撮り方と設定方法

【初心者向け】美しい夜景写真の撮り方と設定方法

夜景撮影は三脚が必要になるので、一眼レフ初心者の方は難しいと思っていないでしょうか?

実は夜景撮影の手順は決まっているので、誰でも簡単に撮影することができます!

このページでは夜景撮影の手順や設定、また失敗写真を防ぐポイントをご紹介しています。

ノーノちゃん

夜景写真って、カメラを買ったばかりの初心者でも撮れるの?
三脚は必要になりますが、このページの設定をすればどなたでも撮影ができますよ。

コヤくん

1. 夜景の作例

都会の街並みや夜景スポットの景色は、ぜひ写真に残しておきたいですよね。

撮り方をマスターして夜景写真を楽しんでみましょう。

夜景写真一眼レフミラーレス

夜景写真一眼レフミラーレス

夜景写真一眼レフミラーレス

ノーノちゃん

宝石箱みたいな夜景だね!こんな写真を撮りたいよ。
まずは撮り方の前に、準備物からご紹介しますね。

コヤくん

2. 準備するもの

夜景撮影で準備するもの
夜景撮影では三脚は必需品になります。

レンズ

レンズはこのような選択肢があります。

レンズ
  • 標準ズーム:
    広く写る広角~やや望遠まで撮影できます。
  • 広角ズーム:
    さらに広く写る広角レンズになります。
  • 単焦点レンズ:
    高画質で写す場合に用意します。

基本はカメラに付属の標準ズームレンズだけでも対応できます。

三脚

夜景撮影は長時間シャッターとなるため三脚を用意します。

三脚の選び方はこちらで解説しています。
おすすめ三脚の選び方(一眼レフ・ミラーレス向け)おすすめ三脚の選び方(一眼レフ・ミラーレス向け)

リモート機器

夜景撮影は2秒タイマーでシャッターを切るのが便利ですが、以下の方法もあります。

リモート機器の種類
  • レリーズケーブル
  • リモコン
  • スマートフォンの遠隔操作
赤外線リモコン・レリーズケーブルで夜景撮影
レリーズケーブル・リモコンは機種ごとの対応品を使用します。

また機種によりスマホの専用アプリでシャッターを切ることができます。

ノーノちゃん

リモコンでシャッターが切れたら便利だよね。
機種ごとに対応が異なるので、メーカーHPで確認してくださいね。

コヤくん

その他の準備物
  • 小型ライト(スマホのライトも可)
  • 虫除けスプレー(夏用)
  • カイロ(冬用)

展望台撮影の準備

展望台は屋外とは準備物が異なります。カメラに加えて以下の品物が役立ちます。

展望台撮影の準備物
  • 三脚の利用確認
  • ミニ三脚
  • 映り込み対策(ジャケット等)

展望台によっては三脚禁止の場所もあります。まず三脚の利用確認をしておきます。

展望台によってはミニ三脚が役立つ場合があります。

ミニ三脚夜景撮影-展望台
脚部のみのミニ三脚に手持ち三脚の雲台を取り付けています。(一体型タイプのミニ三脚もあります)

また屋内の照明が窓ガラスに反射して写真に映り込むので、ジャケットなどカメラを覆う衣類も用意します。

ミニ三脚について
ミニ三脚は雲台一体型や脚部のみ(雲台は別途用意)のタイプがあります。

準備ができたら出発前に夜景設定をしておきます。

コヤくん

3. 夜景の基本設定

撮影モード 絞り優先モード
F値 F5.6~F11
ISO感度 100
露出補正 ±0(状況により変更)
ホワイトバランス 白色蛍光灯(好みで選択)
フォーカスモード AF→MF
手ブレ補正 OFF
セルフタイマー 2秒
(またはレリーズケーブル・リモコン)
夜景設定画面
夜景の設定画面はこのようになります。シャッタースピードはカメラが自動で設定します。

設定を一つずつ説明していきます。

撮影モード

  • 絞り優先オート

撮影モードダイヤルを「絞り優先オート(A/Av)」に設定します。

絞り優先モード
「絞り優先モード」はF値を設定することができます。

「絞り優先オート」を詳しく知りたい方はこちら
【絞り優先オート】とは?意味やシャッター優先との使い分け【絞り優先オート】とは?意味やシャッター優先との使い分け

F値

  • フルサイズ・APS-C:F8
  • マイクロフォーサーズ:F5.6

F値はカメラのタイプによりこのように設定します。

F値についてはこちらで解説しています。
F値(絞り値)とは?使い方を超初心者向けにわかりやすく解説F値(絞り値)とは?使い方を超初心者向けにわかりやすく解説

ISO感度

  • ISO100

例外として屋外で風が強い場合は用心してISO感度を400などに上げ、シャッタースピードを速くする場合があります。

ISO感度についてはこちらで解説しています。
ISO感度とは?目安の数値や設定方法をわかりやすく解説ISO感度とは?目安の数値や設定方法をわかりやすく解説

露出補正

  • ±0

撮影して見た目の明るさでない場合は露出補正を調整します。

露出補正についてはこちらで解説しています。
【露出補正の使い方】初心者でも失敗しないコツをご紹介【露出補正の使い方】初心者でも失敗しないコツをご紹介

ホワイトバランス

  • 白色蛍光灯(好みで選択)

ホワイトバランスの色合いを好みで選択します。

ホワイトバランス白色蛍光灯
夜景では「蛍光灯」がよく使用されます。
※ニコン機の例になります。

ホワイトバランスについてはこちらで解説しています。
【ホワイトバランスとは?】色温度を変えるだけで写真が綺麗に!【ホワイトバランスとは?】色温度を変えるだけで写真が綺麗に!

フォーカスモード

  • AF→MF

夜景撮影ではAF(オートフォーカス)で光源にピントを合わせ、その後MF(マニュアルフォーカス)に切り替えます。

AF-MF切り替え操作
MFの切り替え操作はレンズまたはメニュー画面で行います。

手ブレ補正

  • OFF

三脚使用時に手ブレ補正をONにしているとまれにブレが起きるためOFFにしておきます。

セルフタイマー

  • 2秒
    (またはレリーズケーブル・リモコン)
セルフタイマー2秒設定
セルフタイマー2秒を設定しています。

ノーノちゃん

夜景って、設定がたくさんあってややこしいね^^;
出発の前に、自宅で設定しておけば大丈夫ですよ。
次は撮影方法をご紹介します。

コヤくん

4. 撮影手順

ここでは屋外と屋内(展望台)の2つの夜景撮影方法をご紹介します。

①屋外撮影

1

三脚を設置

大阪府の淀川河川敷で中心街のビル群を撮影します。
夜景撮り方手順三脚設置
構図を考えて三脚とカメラを設置します。

2

構図合わせ

三脚の雲台を操作して構図を決めます。表示が可能な機種であれば水準器を使って水平に合わせます。
夜景構図合わせ水準器

3

ピント合わせ

光源をターゲットにしてAFでピント合わせを行います。
(ライブビュー拡大表示でMFでピント合わせをする方法もあります)
夜景撮り方手順ピント合わせライブビューMF

4

MF切り替え

ピント合わせができたらMFへ切り替えます。
AF-MF切り替え操作-夜景

5

ホワイトバランス

ホワイトバランスの色合いを選択すると、風景の色が青系や赤系などに変化します。
ここでは「オート」で撮影します。
夜景撮影ホワイトバランス
※ホワイトバランスの色の違いは下の項目で解説しています。

6

シャッターを切る

セルフタイマー2秒でシャッターを切ります。

淀川夜景単焦点レンズ撮り方

換算60mm F5.6 6秒 ISO100 ±0

7

画像確認

撮影画像を拡大してピントを確認したり、写真の明るさを確認します。

露出補正を変えた撮影もしておくと明るさの失敗を防ぐことができます。

ノーノちゃん

これなら僕にもできそう。ピント合わせをしてMFにするだけだね。
はい、初心者の方でもみなさんできますよ。

コヤくん


②展望台撮影

1

展望台到着

大阪市の南港にある咲洲コスモタワーから撮影します。
大阪南港コスモタワー夜景写真撮り方
55階が展望室になっています。
(ここは三脚の使用が許可されています。※2019年7月現在)

2

機材

このミニ三脚を使って撮影を行います。
一眼レフとミニ三脚夜景機材

3

設置

展望室の窓ガラスは屋内の照明が反射して映り込んでいます。
夜景展望室の映り込み反射

特にこの窓ガラスは角度があり、レンズと窓ガラスに距離があるため映り込みやすくなっています。
なにも対策せずに撮影すると屋内が映り込んでしまいます。
展望室映り込み

4

映り込み対策

このような場合はジャケットをカメラに被せることで映り込みを防ぐことができます。
ジャケットで映り込み対策
ポイントはジャケットをガラスに密着させ、レンズと窓ガラスの隙間を埋めることです。

映り込み防止展望台
片側からの映り込みであればリュックなどを置くことでも防ぐことができます。今回の撮影はこの状態で撮影しました。

場合により手をレンズの上にかざして照明の反射を防いだり、対策しながらの撮影になります。

5

ピント合わせ

明るい光源にピントを合わせ、MFに切り替えます(ここではAFフレームを移動させています)。
夜景ピント合わせAF・MFライブビュー拡大
ピント合わせができたら構図を整えます。

6

ホワイトバランス

色合いを見ながらホワイトバランスを選択します。
夜景ホワイトバランス選択蛍光灯
ここでは「白色蛍光灯」を選択しています。

7

シャッターを切る

セルフタイマー2秒でシャッターを切ります。

南港コスモタワー夜景写真ホワイトバランス

85mm F5.6 10秒 ISO100 ±0

標準ズームレンズでの撮影になります。

別方向も撮影しました。

南港コスモタワー夜景写真ホワイトバランス

35mm F8 15秒 ISO100 ±0

35mm単焦点レンズで撮影しました。ホワイトバランスは「温白色蛍光灯」を選択しています。

単焦点レンズはズームレンズより高画質に写るので、画質重視の場合は単焦点レンズを用意します。

ノーノちゃん

展望台の撮影は、屋外より作業が多いね。
そうですね、窓の反射を抑えることが一番の問題になります。

コヤくん

5. 夜景撮影5つのポイント

夜景撮影では、知っておくと綺麗に撮れるポイントがいくつかあります。

撮影テクニックや注意したいポイントを5つまとめました。

夜景撮影5つのポイント
  1. 空の状態
  2. F値で光芒が変わる
  3. ホワイトバランスの違い
  4. 日没後はシャッターチャンス
  5. 手持ち夜景撮影

①空の状態

夜景の綺麗さは空の状態も重要になります。

大気が濁っていると、遠くの光が弱くなって輝きも弱くなります。

大気が澱んだ夜景
晴れた日でしたが、空気が濁っていたため街の光が少なくなっています。

夜景写真でも上空の雲ははっきりと写ります。できれば雲のない空の方がスッキリした夜景になります。

夜景雲の状態
この日は雲が多く夜景向きでない空でした。

ノーノちゃん

せっかく撮るなら、空が綺麗な日の方がいいね。
はい、空気が綺麗で晴れている日がベストになります。

コヤくん

補足
空気の綺麗さは、昼間に遠くの山が綺麗に見えるかどうかで判断できます。

②F値で光条が変わる

光条(こうじょう)はライトから星状に伸びる光の筋になります。

F値を大きくするほど光条が長くなりキラキラした印象を出すことができます。

F値ごとの光芒の変化
F4では光条は出ていませんが、一段ずつ強くなり、F22では目立つ大きさになります。

F22などは画質低下が目立つようになるので、バランスを考えながらF値を設定します。

補足
F値が大きくなるほどシャッター時間は長くなります。F11以上だと1枚に20秒~30秒かかることもあります。

ノーノちゃん

キラキラ効果いいね!これで撮影したいな。
F値は大きめがよさそうですね。1枚のシャッター時間は長くなることだけ覚えておいてくださいね。

コヤくん

③ホワイトバランスの違い

ホワイトバランスは写真の色合いを変える機能になります。

「電球色」や「蛍光灯」、「太陽光」などを選ぶと色合いが変わります。

ホワイトバランス色温度
ホワイトバランスは逆の色を使って色合いを補正しています。

この赤みや青みの変化を利用して、写真の色を変化させることができます。

ホワイトバランスについてはこちらで解説しています。
【ホワイトバランスとは?】色温度を変えるだけで写真が綺麗に!【ホワイトバランスとは?】色温度を変えるだけで写真が綺麗に!

ホワイトバランスを使った作例

夜景写真一眼レフミラーレス

(換算)28mm F5.6 4秒 ISO100 ±0

「温白色蛍光灯」で青寄りの色合いに設定し、都会の雰囲気を表現しました。

色合いの種類

夜景でよく使われる、オートと青系のホワイトバランスの色合いの違いを比較します。

オート

ホワイトバランスオート

見た目に近い色合いで写ります。

電球

ホワイトバランス電球

最も青みが強くなります。影響は全体に及び、オレンジ色の街路灯は黄色に変わっています。

白色蛍光灯

ホワイトバランス白色蛍光灯

紫色が加わった色合いになります。

温白色蛍光灯

ホワイトバランス温白色蛍光灯

「電球」とは色味が異なる青みが強調されます。

補足
ニコン、ソニー、ペンタックスは「温白色蛍光灯」「白色蛍光灯」「昼白色蛍光灯」など細かい色合いが選択できます。

ホワイトバランスをさらに細かく色調整することもできます。

ホワイトバランスカスタマイズ調整画面
初期状態は■印は中央にあり、これは2メモリ青色寄りに設定しています。
補足
キヤノンで「温白色蛍光灯」のような色合いにするには、「蛍光灯」選択後に■印を「B」方向に大きく動かすと同じような色合いになります。

④日没後はシャッターチャンス

晴れた日の日没後20~30分は空に青さが残る夜景が撮影できるトワイライトタイム(マジックアワー)になります。

大阪中之島夜景
大阪中之島にあるガーデンブリッジから西方向を撮影します。

ここはカーブした高速道路とイルミネーションが綺麗なスポットになっています。

大阪中之島夜景トワイライトタイムマジックアワー

換算28mm F5.6 1/1.3秒 ISO100 -0.3

この日は日没が17:38、撮影時間は18:05でした。空が快晴だったため日没後のトワイライトタイムが長くなっています。
大阪中之島夜景
このとき、反対側の東の空はすでに暗くなっています。
大阪中之島夜景トワイライトタイムマジックアワー

換算28mm F5.6 2.5秒 ISO100 ±0

18:15に撮影しました。西の空も暗くなり始め、深いブルーが美しい時間帯になりました。

このように日没後を狙って空のグラデーションを楽しむことができます。

次も同じく空に青さが残る時間帯の夜景になります。

淀川夜景トワイライトタイムマジックアワー

換算28mm F5.6 4秒 ISO100 ±0

日没から30分後の南方向を撮影しています。

綺麗なトワイライトタイムを撮るには雲の状態も影響します。なるべく雲が少ない天気の方がよいでしょう。

天気予報の衛星画像では詳細な雲の様子は確認しにくいですが、わかりやすい天気予報サイトがあります。

雲の動きがわかる天気予報サイト
参考 SCW-天気予報スーパーコンピュータが予測する天気予報

ノーノちゃん

ネットでよく見る青い空の夜景は、この時間帯だったんだね。
はい。トワイライトタイムはあっという間に終わるので、早めに三脚を立てて待っておきましょう。

コヤくん

⑤手持ち夜景撮影

手持ちで夜景を撮影する場合は、ISO感度を高くしてシャッタースピードを速くします。

神戸タワー夜景写真

換算40mm F2.8 1/10秒 ISO800 -0.3

神戸ポートタワーを対岸から単焦点レンズを使いISO800で撮影しました。

ISO感度を上げるほど画質は悪くなるので、手ブレしないギリギリのシャッタースピードで撮影することがコツになります。

ISO感度についてはこちらで解説しています。
ISO感度とは?目安の数値や設定方法をわかりやすく解説ISO感度とは?目安の数値や設定方法をわかりやすく解説

補足
カメラによっては「手持ち夜景モード」にすると、数枚を連写して自動で1枚に合成し、高感度でもノイズを抑えた写真を撮ることができます。

ノーノちゃん

手持ちで夜景って、ほんとに撮れるの?
明かりが多い夜景であればですが、撮れますよ。
次は難しい内容ですが、夜景撮影に役立つのでご紹介します。

コヤくん

6. 失敗を防ぐテクニック(中級者向け)

夜景撮影は暗い中で撮影するため、液晶画面が通常より明るく見えることになります。

画面が明るいので写真の正しい露出(明るさ)がわかりにくく、露出の失敗が起こりやすくなります。

ここでは、その露出の失敗を防ぐ2つの方法をご紹介します。

露出ミスを防ぐ方法
  1. ヒストグラム
  2. 露出ブラケット

①ヒストグラム

ヒストグラムは明るさを判断できる図になります。

周囲が暗いと液晶画面で正しい明るさがわかりにくくなるので、ヒストグラムを見て判断します。

夜景撮影ヒストグラム露出補正
ヒストグラムの左端は黒つぶれになります。

光源の多い夜景なのでこのヒストグラムでは写真が暗すぎることになります。

次に露出補正を「+1」にしてみます。

夜景撮影ヒストグラム露出補正
露出補正を+1にするとヒストグラムの山が右へ移動しました。これで綺麗な夜景写真になっています。

ただヒストグラムは写真によって山の形が変わるので注意が必要です。

夜景撮影ヒストグラム露出補正
光源が少ない風景のためヒストグラムの山が左端に寄っています。

この写真では橋以外は真っ暗なので、このようなヒストグラムでも適正露出になります。

写真によって山の位置は変わりますが、ヒストグラムを使うことで写真の明るさが判断しやすくなります。

ヒストグラムについてはこちらで解説しています。
カメラのヒストグラムとは?グラフの見方と使用例カメラのヒストグラムとは?グラフの見方と使用例

②露出ブラケット

露出ブラケットは異なる明るさの写真を連続撮影できる機能になります。

明るさの違う写真を撮ることで露出ミスを防ぐことができます。

露出補正設定画面
※設定画面は機種により異なります
露出ブラケット設定画面です。この状態は0.3段(露出補正1メモリ)ごとに3枚を撮影する設定になります。

この時点で露出補正「±0」を基準として、「-0.3」「±0」「+0.3」の3枚が撮影できるようになります。

露出ブラケットを設定したあとに露出補正を操作して位置をずらすこともできます。

露出ブラケット設定画面
露出補正を「+0.3」にすると、メモリの3点が右へ移動しました。

この状態では「+0.3」を基準として「±0」「+0.3」「+0.7」の3枚が撮影されるようになります。

この設定でセルフタイマーを使ってシャッターを切るとこのようになります。

露出ブラケット夜景撮影

明るさの異なる3枚が撮影できました。

注意
機種によってはセルフタイマーと露出ブラケットを同時使用できない場合があります。その場合はレリーズケーブルなどでシャッターを切ります。

ノーノちゃん

露出ブラケットは便利な機能なのに、設定が難しすぎるよ(T_T)
確かに複雑で、各メーカーで設定画面が違うのでお伝えしにくいです。風景撮影にも役立つので覚えてみてください。

コヤくん

7. 夜景の撮り方まとめ

夜景撮影は一眼レフ初心者でも上級者でも手順は同じことをします。

三脚があれば誰でも撮影を楽しめるのが夜景撮影の楽しいところです。

初めての方はこのページを参考にチャレンジしてみてください。

まとめ
  • 準備品は標準ズームレンズと三脚だけでもOK
  • 展望台ではミニ三脚も便利
  • 屋内からの夜景は映り込みに注意
  • ホワイトバランスで好みの色合いに
  • F値を大きくして光芒を強調できる
  • トワイライトタイムは空のグラデーションが綺麗
  • 手持ち夜景撮影はシャッタースピードをチェック
  • 露出ブラケットは異なる明るさをまとめて撮影できる

夜景撮影では三脚選びも重要になります。
おすすめ三脚の選び方(一眼レフ・ミラーレス向け)おすすめ三脚の選び方(一眼レフ・ミラーレス向け)