未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

一眼レフやミラーレスの故障!修理費はいくら?延長保証はどうする?

一眼レフやミラーレスの故障!修理費はいくら?延長保証はどうする?

お気に入りのカメラを使っていて、心配なのは故障ですよね。

「カメラの修理ってどれくらいかかるんだろう…」

修理費は気になる問題だと思います。

このページでは実際にどのくらい修理費がかかるのか、様々な事例をまとめてみました。

ノーノちゃん

高いお金で買ったから、故障は怖いよ。
不安ですよね。故障した場合の対処法を先に覚えておきましょう。

コヤくん

1. 実際にかかる修理費

ここでは実際に起きた故障例と、かかった修理費をご紹介しています。

※修理費はメーカーの価格設定・故障の度合い・機種(上位機ほど高い)によって変動しますので、一つの目安としてご参考ください。

シャッターユニットの故障

シャッターユニットは機種によって耐久回数があります。

主なシャッター回数
  • 入門機:~10万回
  • 中級機:10~20万回
  • ハイエンド機:40~50万回

プロ向けの連写タイプの機種以外は、たいてい10~20万回となっています。

耐久回数を目安として、シャッターが壊れることがあります。

↓キヤノンEOS 5Dmk4の場合、シャッターユニットのみであれば3万円台でしょうか。

別の例では、キヤノンEOS 80Dの場合24,000円~30,000円程度となるようです。

ただカメラを長年使用している場合、修理点検で他の不具合も見つかり、修理費が高くなることもあります。

シャッターユニットの故障:2~4万円

ダイヤル不良

ダイヤルを回しても数値が変化しない、などの故障になります。

↓これは筆者がオリンパスOM-D E-M10の修理をした際の明細書になります。修理費は17,496円でした。

カメラ-一眼レフ-ミラーレス-ダイヤル不良

他にキヤノンEOS 7DmkIIのダイヤル不良で約2万円、ソニーα7の場合で約3万円との情報があります。

ダイヤル不良:2~3万円

電源不良

突然電源が入らなくなる症状になります。基盤不良による発生や、シャッターユニットの故障、バッテリーの不具合などが考えられます。

できる対処法としては、バッテリーを外して一度放電させる、レンズを装着し直す、SDカードを抜き差しする、などの方法があります。

もし直らない場合は修理になります。

↓こちらはソニーα7IIが電源不良で修理費は4万円程度だそうです。

他にはソニーα6000で3万円程度の情報が出ています。ニコン公式サイトの目安ではD3100で約15,000円、D850で約4万円となっています。

電源不良:1.5万~4万円

接続端子の故障

カードスロット、USB端子など接続端子部の故障や変形になります。

↓ソニーα7RIIIの端子不良で25,000円との情報になります。

ニコン公式サイトの目安ではD5500のカードスロット不具合で約28,000円、D750で36,500円となっていました。

接続端子の故障:2万円~4万円

落下による故障

落下による故障や破損は、損傷具合により修理不能となります。仮に修理が可能でも高額になることが多いです。

↓こちらはエントリー機のニコンD5600ですが、ボディとレンズの落下で合計約6万円となっています。

レンズのみの落下による例では、2~3万円の修理費が多くなっています。

ただ損傷度合いによって、修理費は大きく変動すると思われます。

落下による故障:数万円(損傷度合いによる)

基盤の腐食

カメラ内部の基盤が水分などで腐食する故障になります。急に電源が入らなくなるなどの症状が出ます。

↓こちらのキヤノンEOS kiss X3の基盤交換は約5万円となっています。

他の例ではエントリー機で2~3万円、フルサイズ機で4万円の基盤交換例がありました。

修理費としては高いケースになっています。

基盤の腐食:2~4万円

液晶モニターの故障

液晶モニターが表示されなくなる、またはヒビが入って映らなくなるなどのトラブルになります。

↓ソニーα7RIIの液晶モニター交換です。もし保証がなければ、約34,000円となっていたようです。

他にはパナソニックGH5の液晶不良で約42,000円との例がありました。

ニコンD7000の液晶モニター破損で23,000円、入門機で1万円台という情報もあります。

液晶モニター不良:1~4万円

肩液晶の故障

上面にある肩液晶(サブディスプレイ)の故障になります。

↓ニコンD7100の上面の肩液晶破損は、約3万円となっています。

ただ表面のガラス部分だけの修理であれば安くなるそうです。損傷度合いによっても金額は変わります。

肩液晶の故障:1~3万円

バリアングル液晶の破損

可動域の広いバリアングル液晶モニターですが、その支点部位が折れたり、画面が上下逆に表示されるなどのトラブルがあります。

↓オリンパスOM-D E-M5 MarkIIのバリアングル液晶が破損した場合、こちらの方のブログによると25,000円だったそうです。

別の情報では、キヤノン60Dのバリアングル液晶破損で約33,000円という例がありました。

バリアングル破損:2~3万円

イメージセンサー不良

イメージセンサーはカメラの心臓部で、画質を決める重要なパーツです。そのため故障すると修理費は高くなることが多いです。

↓ニコンD850ですが、壊れたシャッター幕の破損によりイメージセンサーに傷が入ったとのことです。

上位機なので通常より高く、さらにシャッターユニットの交換も必要になったようです。

エントリー機の場合はもう少し安くなります。

ニコン公式サイトの試算では、ニコンD3500の場合は28,900円、D7500は49,900円でした。

イメージセンサー不良は使用者に落ち度がなくても急に起きることがあるので、防ぐのは難しそうです。

イメージセンサーの故障:3万円~

レンズのAF不良

オートフォーカスが動作しなくなった故障になります。

↓シグマのレンズをAF不良で修理されています。修理費は21,000円です。

その他レンズのAF不良は15,000円~20,000円程度の例が多くあります。

ただ約60万円のキヤノン「EF300mm F2.8L IS II USM」のAF不良は5万円となっていました。

レンズのAF不良:2~5万円

部品保有期間切れ

メーカーの修理部品の保管義務は5年~10年といわれています。

そのため、古い機種は修理を受付してもらえないことがあります。

↓2008年発売のニコンD700は修理受付が終わっていたそうです。

古い機種は修理できないことも

修理不能

落下による損傷や水没は修理不能になることがあります。

損傷が大きい場合は修理できない

保証期間内の有償修理

購入後1年間はメーカーの保証(自然故障)があります。

しかし、その保証期間内であっても有償修理になるケースもあります。

例えばレンズ内部が破損する症状は、使用者が落としていなくても落下や衝撃による故障と判断され、保証対象外となります。

↓また正常な操作をせずに故障した場合も、有償修理に該当します。

購入1年以内でも有償修理となる場合も

料金一律制

キヤノンやニコンでは、一部の機種に限り修理費を一律制としています。

キヤノン修理料金一律制
画像出典:キヤノン公式サイト

キヤノンでは一律制を適用する機種を公表しています。エントリー機が中心となっています。

キヤノン一律制対象機種
  • EOS Kiss、EOS xxxxD、EOS Mシリーズ
  • EF-Sレンズ、EF-Mレンズ

機種やレンズによって定額の金額は異なりますが、故障の度合いによって高額になることないので安心です。
※落下や水没による故障は適用外となります。

修理料金一覧表

上記の修理例の料金を一覧表でまとめました。
※実際は記載の金額より上がる可能性もあるので、目安としてご参考ください。

シャッターユニットの故障 20,000~40,000円
ダイヤル不良 20,000~30,000円
落下による故障 数万円
(損傷度合いによる)
基盤の腐食 20,000~40,000円
液晶モニター不良 10,000~40,000円
肩液晶の故障 10,000~30,000円
バリアングル液晶破損 20,000~30,000円
イメージセンサーの故障 30,000円~
レンズのAF不良 20,000~50,000円

ノーノちゃん

いろいろ例を見てると、カメラを扱うのが怖くなるね。
特に落下や水没は、修理費が高いので避けたいですね。

コヤくん

2. 保証について

ここでは大切なカメラを守る、保証についてご紹介しています。

延長保証や自損の保証は購入店によってサービス内容が異なるので、この点まで検討して購入店を選ぶとよいでしょう。

メーカー1年保証

ご存知のように、カメラやレンズは購入後1年間のメーカー保証があります。

メーカー保証では自然故障の場合のみ、無償修理してもらえます。

デメリットは、落下や水没などの故障は対象外となることです。

延長保証

多くの販売店では、購入金額の5%程度の保証金を支払うことで3年や5年の延長保証に加入することができます。
※年数ごとに補償限度額が減額されることがあります

延長保証の内容はメーカー保証と同じで自然故障が対象になります。

故障した場合の費用を考えると、延長保証は入っておくことをおすすめします。

落下・水没の自損保証

販売店によっては、落下や水没などの自損による故障を対象とした保証を用意しています。

保証金は販売店により様々で、加入期間も独自に設定されています。

自損保証を用意しているお店は少ないですが、一部をご紹介します。※2019年10月時点の情報です

また販売店以外にも損害保険会社の補償サービスがあるので、そちらもご紹介しています。

ニコンダイレクト

ニコンのオンラインショップである、ニコンダイレクトで購入すると無料でメーカー保証が3年になります。

それに加えて、別途購入金額の5%を支払うと破損・水ぬれ・火災を対象とした保証にも入ることができます(3年間)。
※年数による減額があり、3年目で60%となります。

ニコンダイレクト保証
画像出典:ニコンダイレクト

ソニーストア

ソニーストアでは、メーカー保証の内容を延長する「長期保証<ベーシック>」と、故障に加えて破損・水ぬれ等を対象とした「長期保証<ワイド>」が用意されています。

ソニーストア保証ワイド
画像出典:ソニーストア

「長期保証<ワイド>」は3年または5年から選ぶことができ、保証金は購入金額の約5~10%となっています。

保証上限金額はなく、保証期間内であれば無償で修理してくれるのがメリットです。

マップカメラ

カメラ販売店のマップカメラでは、購入金額の5%で3年間の落下・水ぬれ・火災などの故障を補償してくれます。
※年数による減額があり、3年目で60%となります。

携行品損害保険

火災保険の特約やクレジットカードのトッピング保険などで、屋外での携行品(カメラ)の盗難・破損を補償する契約があります。

また楽天の生活補償保険「持ち物サポートプラン」でも年払2,000円程度で20万円までの補償サービスがあります(標準コース)。

楽天持ち物サポートプラン
画像出典:楽天持ち物サポートプラン

このように携行品損害保険を利用すると、屋外での落下破損を長期間保証してくれるメリットがあります。

注意
契約によって修理限度額や免責金額(自己負担額)があるので確認が必要です。

ノーノちゃん

火災保険でカメラの落下も対象になるんだ!
はい。継続して加入できるので、特に高価なカメラは入っておきたいですね。

コヤくん

3. 故障のようで故障ではない例

一見すると故障のように見える動作が、実は故障ではない例をご紹介します。

写真に黒い点が写る

イメージセンサーにゴミがついていて、それが写真に写ることがあります。

イメージセンサーのゴミ

↑この写真はイメージセンサークリーニング機能がない機種で、ゴミが目立つF22で撮影した写真です。

開放ではゴミはぼやけて写るので気づきませんが、大きく絞ると黒い点として目立つようになります。

これは故障ではなくイメージセンサーの汚れなので、カメラ店などで清掃してもらうことができます(清掃料金2,000~3,000円)。

室内で写真が暗く変色する

室内で撮影すると、撮影の度に写真が暗く写ったり黄色く変色することがあります。初心者の人は「カメラが故障した」と思ってしまうでしょう。

カメラ故障フリッカー

しかしこれはフリッカー現象といい、蛍光灯の点滅の一瞬をカメラが捉えてしまっていることで起こります。(点滅が非常に速いインバーター照明では起きません)

フリッカー現象はシャッタースピードが1/125秒以上など速い場合に起きるので、対策としては1/100秒以下に抑えるか、フリッカー軽減機能のある機種を使うことで防ぐことができます。

写真に縞模様が出る

室内でサイレントシャッター(電子シャッター)を使うと、このような縞模様が発生することがあります。

サイレントシャッター縞模様

こちらも照明の点滅によって発生する現象になりますが、ただシャッタースピードを遅くしても発生しやすいことが特徴です。

対策としては、なるべく照明の光からは離れて撮影する必要があります。

ノーノちゃん

初めてこの症状が出たときはびっくりしたよ。故障じゃなくてよかった。
みなさん驚きますよね。できるだけ対策するしかありません。
次は、修理を依頼する場合の手順をご紹介します。

コヤくん

4. メーカー別修理窓口一覧

修理を依頼する場合の方法を、メーカー別にまとめています。

いずれも「送付・サービスセンター持ち込み・購入店持ち込み」の3つの方法があります。

キヤノン

公式サイトで修理料金の目安を調べることができます。
(機種名と症状を選択すると、目安金額が表示されます。)

引取修理サービス(セルフ梱包)
申し込むと梱包資材が届くので、ユーザーが梱包して発送します。
往復配送料:2,750円(税込)
※カメラの「引取修理サービス(らくらく修理便)」はサービスを終了しました。

1

機種選択

キヤノンカメラ修理方法
修理機種選択ページにアクセスします。修理をする機種を選択して進みます。
2

引取修理サービスを選択

キヤノンカメラ修理方法
「引取修理サービス(セルフ梱包)」をクリックします。
3

申し込み選択

キヤノンカメラ修理方法
「ウェブ」または「電話」申し込みを選択して手続きを行います。

支払いは修理完了後の返送時に宅配業者へ支払います(現金のみ)。

最寄りのキヤノンサービスセンターへ直接持ち込みます。

サービスセンター銀座
住所:東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング2F
営業時間:10:30~18:30
定休日:日曜日・祝日
電話番号:03-3542-1815
サービスセンター大阪
住所:大阪府大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト1階
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日・祝日
電話番号:06-7739-2300
キヤノンプラザS 修理・メンテナンス受付コーナー
住所:東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー2階
営業時間:10:00~17:30
定休日:日曜日・祝日
電話番号:03-6719-9884
修理前の相談や問い合わせができます。

問い合わせ先 キヤノン カメラ修理受付センター
電話番号 050-555-99077
営業時間 月~土 9:00~17:00
最寄りのカメラ購入店へ持ち込みます。

購入店の延長保証を適用する場合はこの方法で修理を依頼します。

ニコン

公式サイトで修理料金の目安を調べることができます。

修理申し込みページにアクセスし、お申し込み欄で送付方法を選びます。

※ニコンイメージングプレミアム会員の方は先にログインしておきます。

ニコンカメラ修理方法

■ピックアップサービス
梱包資材が送られるので、受取り後にユーザーが梱包して発送します。
往復送料:1,700円(税抜)

■通常発送
梱包資材を用意し、最寄りのニコン修理センターへ発送します。
送料+返送料(1,200円 税抜)がかかります。

支払いは修理完了後の返送時に宅配業者へ支払います(現金のみ)。

最寄りのニコンサービスセンターへ直接持ち込みます。

銀座サービスセンター
住所:東京都中央区銀座7-10-1 STRATA GINZA(ストラータ ギンザ)1・2階(ニコンプラザ銀座内)
営業時間:10:30~18:30
定休日:日曜日
電話番号:0570-02-8060
新宿サービスセンター
住所:東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28階(ニコンプラザ新宿内)
営業時間:10:30~18:30
定休日:日曜日
電話番号:0570-02-8060
名古屋サービスセンター
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル2階
営業時間:10:30~18:30
定休日:日曜日
電話番号:0570-02-8060
大阪サービスセンター
住所:大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階(ニコンプラザ大阪内)
営業時間:10:30~18:30
定休日:日曜日
電話番号:0570-02-8060
修理前の相談や問い合わせができます。

問い合わせ先 ニコンカスタマーサポートセンター
電話番号 0570-02-8000
営業時間 月~土、日・祝 9:30~18:00
最寄りのカメラ購入店へ持ち込みます。

購入店の延長保証を適用する場合はこの方法で修理を依頼します。

ソニー

公式サイトで修理料金の目安が掲載されています。

全国にあるソニーサービスステーション(またはソニー修理受付認定店)へ持ち込みます。

こちらの店舗一覧マップで場所が確認できます。

修理前の相談や問い合わせができます。

問い合わせ先 ソニー修理相談窓口
電話番号 0120-222-330
050-3754-9599 ※携帯・IP電話
営業時間 月~金:9:00~18:00
土日祝:9:00~17:00
サイトURL https://www.sony.jp/support/repair.html
最寄りのカメラ購入店へ持ち込みます。

購入店の延長保証を適用する場合はこの方法で修理を依頼します。

オリンパス

公式サイトで修理料金の目安が掲載されています。

修理申し込みページにアクセスし、「引取修理」か「送付修理」を選択します。

オリンパスカメラ修理方法

次のページで申し込み手続きを行います。

■引取修理
宅配業者が梱包資材を用意し、カメラを引き取ります。
ピックアップ料金:1,500円(税抜)

■送付修理
ユーザーがカメラを梱包して発送します。

支払いは修理完了後の返送時に宅配業者へ支払います(現金のみ)。

最寄りのオリンパス サービスステーションへ直接持ち込みます。

修理申し込みページで「持込修理」を選択し、申し込みを行います。

オリンパスカメラ修理方法

東京サービスステーション
住所:東京都新宿区西新宿 1-24-1 エステック情報ビル B1F ショールーム・ギャラリー 17F サービスステーション
営業時間:9:30~18:00
定休日:年末年始
電話番号:0570-073-000(カスタマーサポートセンター)
大阪サービスステーション
住所:大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル 1F
営業時間:9:30~18:00
定休日:年末年始
電話番号:0570-073-000(カスタマーサポートセンター)
札幌サービスステーション
住所:北海道札幌市中央区北4条東1-2-3 札幌フコク生命ビル 11F
営業時間:9:30~18:00
定休日:年末年始
電話番号:0570-073-000(カスタマーサポートセンター)
福岡サービスステーション
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通3-6-11 福岡フコク生命ビル 6F
営業時間:10:30~18:30
定休日:年末年始
電話番号:0570-073-000(カスタマーサポートセンター)
修理前の相談や問い合わせができます。

問い合わせ先 オリンパス カスタマーサポートセンター
電話番号 0570-073-000
営業時間 月~土、日・祝 9:30~18:00
最寄りのカメラ購入店へ持ち込みます。

購入店の延長保証を適用する場合はこの方法で修理を依頼します。

パナソニック

修理申し込みページにアクセスし、「修理お申込み専用フォーム」から申し込みを行います。

パナソニックカメラ修理方法

カメラを梱包して修理センターへ発送します。
修理完了後の返送時に修理料金と返送料を宅配業者に支払います(現金のみ)。

修理前の相談や問い合わせができます。

問い合わせ先 パナソニック修理ご相談窓口
電話番号 0120-878-554
営業時間 月~土 9:00~19:00
日・祝 9:00~17:30
最寄りのカメラ購入店へ持ち込みます。

購入店の延長保証を適用する場合はこの方法で修理を依頼します。

ペンタックス

公式サイトで修理料金の目安を調べることができます。

■通常発送
修理お預かり窓口へ連絡し、申し込みを行います。

修理お預かり窓口:03-3966-6121
受付時間:平日9:00~17:00

<修理品の送付先>
〒174-0041 東京都板橋区舟渡1-12-11ヘリオス II ビル3階 リコーイメージング株式会社修理サービスセンター内

■ピックアップリペアサービス
宅配業者が梱包資材を用意し、カメラを回収します。

料金:1,700円(税別)※中判カメラは5,100円
ピックアップリペアサービス申込窓口:0570-001301
受付時間:平日9:00~17:00

修理完了後の返送時に修理料金と返送料を宅配業者に支払います。(現金またはクレジットカード)

公式サイトの修理に関するご相談ページに詳しく書かれています。

リコー サービスステーションへ直接持ち込みます。

リコーイメージングスクエア新宿
住所:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
営業時間:10:30~18:30
定休日:火曜日
電話番号:0570-006371
リコーイメージングスクエア大阪
住所:大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル1階
営業時間:10:30~18:30
定休日:火曜日
電話番号:050-3534-6188
修理前の相談や問い合わせができます。

問い合わせ先 リコーお客様相談センター
電話番号 0570-001313
営業時間 平日 9:00~17:30
土・日・祝 10:00~17:00
最寄りのカメラ購入店へ持ち込みます。

購入店の延長保証を適用する場合はこの方法で修理を依頼します。

富士フイルム

■通常発送
カメラを梱包し、下記の修理サービスセンターまで送付します。

富士フイルム修理サービスセンター:050-3786-1040

<修理品の送付先>
〒989-5501 宮城県栗原市若柳字川北中文字95-1
富士フイルム修理サービスセンター

■引き取り修理サービス
宅配業者が梱包資材を用意し、カメラを回収します。

引き取り修理サービス専用窓口:050-3786-1020
料金:3,000円(税別)
受付時間:
平日 9:30~17:30
土 10:00~17:00

修理完了後の返送時に修理料金と返送料を宅配業者に支払います。(現金のみ)

富士フイルム公式サイトの修理ページで詳しく案内があります。

富士フイルムサービスステーションへ直接持ち込みます。

FUJIFILM Imaging Plaza 大阪
住所:大阪府大阪市中央区難波2-2-3 御堂筋グランドビル2階
営業時間:10:00~19:00(最終受付は18:30)
定休日:無休(年末年始を除く)
電話番号:050-3385-4500
富士フイルムイメージングプラザ東京
住所:東京都千代田区丸の内2丁目1 丸の内2丁目1−1 MY PLAZA 3階
営業時間:(平日)11:00~20:00
(土日祝日)10:00~19:00
定休日:無休(年末年始を除く)
電話番号:03-6259-1615
福岡サービスステーション
住所:福岡県福岡市博多区住吉3-1-1 富士フイルムビル1F
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休(年末年始を除く)
電話番号:092-271-7300
名古屋サービスステーション
住所:愛知県名古屋市中区栄一丁目12番17号 富士フイルム名古屋ビル1階
営業時間:10:00~17:00土・日限定
(月~金・年末年始は休業)
電話番号:050-3385-4500
修理前の相談や問い合わせができます。

問い合わせ先 富士フイルム修理サービスセンター
電話番号 050-3786-1040
営業時間 平日 9:30~17:30
土 10:00~17:00
最寄りのカメラ購入店へ持ち込みます。

購入店の延長保証を適用する場合はこの方法で修理を依頼します。

5. まとめ

故障は様々な症状があり、修理費も大きく変わってきます。

どのくらいの費用がかかるかを知っておくことで、いざという時に対処しやすくなると思います。

またこれからカメラを購入される方は、保証内容も重視して選んでみてください。

まとめ
  • 修理費は故障の度合いや機種の種類によって変動する
  • シャッターユニットは寿命がある
  • 落下の修理は高額になることも
  • イメージセンサー不良も修理費が高い
  • 古いカメラは修理できなくなる
  • 自損保証も入っておくと安心
  • センサーのゴミは掃除できる
  • フリッカー現象は故障ではない

カメラの寿命についてはこちらで解説しています。

一眼レフ(ミラーレス)の寿命はどのくらい?耐用年数は?一眼レフ(ミラーレス)の寿命はどのくらい?耐用年数は?