Amazon 特選タイムセール開催中

一眼レフ(ミラーレス)の寿命はどのくらい?耐用年数は?

一眼レフ(ミラーレス)の寿命はどのくらい?耐用年数は?

一眼レフミラーレスは何年くらい使用できるのでしょうか?

特に初心者の方はカメラは長く使えるイメージがあると思いますが、実はカメラにも寿命があります。

どのような原因で寿命がきたり買い替えを検討することになるのか、まとめてみました。

ノーノちゃん

まだカメラを使ってまだ壊れたことがないよ。長く使えるよね?
カメラの寿命はいつなのか、いろんなケースがあるので見ていきましょう。

コヤくん

1. シャッターの耐久回数

カメラのシャッターユニットには耐久回数があります。

ある一定の回数のシャッターが切られると、そこでシャッターの部品は壊れる可能性があります。

カメラ内部にあるシャッターユニットになります。

機種によって公表されている場合と公表されていない場合がありますが、概ね目安はこのようになります。

主なシャッター回数
  • 入門機:数万回
  • 中上級機:10万回以上

初心者向けの機種ほど限界のシャッター回数は短く、上級者向けの機種ほどシャッター回数は長く耐えれるように作られています。

一例として、人気機種のシャッター回数はこのようになっています。

キヤノン EOS 80D:10万回
EOS 7D Mark II:20万回
EOS 6D Mark II:10万回
EOS 5D Mark IV:15万回
EOS 1DX Mark II:40万回
EOS 1DX Mark III:50万回
EOS R:20万回
EOS R6:30万回
EOS R5:50万回
ニコン D7500:15万回
D500:20万回
D780:15万回
D850:20万回
D5:40万回
D6:40万回
Z50:10万回
Z6:20万回
Z7:20万回
ソニー α6400:20万回
α6500:20万回
α6600:20万回
α7RIV:50万回
α7SIII:50万回
α9:50万回
α9II:50万回

例えばもし月1,000枚ペースで撮影をする場合は、1年で12,000枚撮影することになり、約9年経つと10万回程度シャッターを切ることになります。

頻繁にカメラを持ち出す人は1ヶ月のシャッター枚数はもっと多くなるでしょうし、連写撮影が多い人もかなり多くなると思われます。

耐久回数はあくまで目安ですが、シャッター機構が寿命になると急に調子が悪くなったり、シャッターが切れなくなってしまいます。

補足
サイレントシャッターはシャッター機構を動作させないため、耐久回数に含まれません。

ノーノちゃん

入門機の数万回だと、少し不安だなぁ。
時々カメラを使うくらいなら、数万回でも長くもちますよ。使用頻度によりますね。

コヤくん

シャッター回数を調べる方法

どのくらいシャッターを切ったのか気になるところですが、合計のシャッター回数はカメラ側では表示してくれません。

そのかわりシャッター回数を調べる方法がいくつかあり、ここでは最も簡単な方法をご紹介します。

ショット.com」というサイトがあり、ここを利用するとシャッター回数を調べることができます。

ショット.com-シャッター回数の調べ方

調べたいカメラで撮影した1枚の写真を、この「ショット.com」の投稿枠にドラッグします。

そうすると、その写真が何枚目であるかを表示してくれます。

例えば筆者のカメラで試すと、このような枚数が表示されました。

シャッター枚数の調べ方

この機種はまだ新しいので、シャッター回数は「5,034回」ということがわかります。まだまだ長く使えますね。

自分のカメラで何枚くらい撮影したのか気になる方は、「ショット.com」を利用して調べてみましょう。

ノーノちゃん

写真を入れるだけでわかるなら簡単だね。
はい。ただ古い機種など、一部の機種は判定できないこともあります。

コヤくん

シャッターユニット交換費用

もしシャッターユニットが寿命で動作しなくなった場合は、修理に出すことになります。

シャッターユニットの交換は、機種によって1~3万円程度の修理費がかかります。上位機ほど高くなる傾向があります。

以下は、キヤノンのEOS 5D mkIVを持っている方が修理したツイートになります。他の修理も合わせた金額になっています。

内訳を見るとシャッターユニットの部品料金は1万円程度ですが、技術料金が2万円程度かかっています。

もし古い機種であれば、このタイミングを寿命として買い替えを検討する人もいると思います。

ノーノちゃん

シャッターユニットの寿命を、カメラの寿命と考えるかどうかだね。
そうですね。お気に入りでまだ使いたいカメラなら修理もいいですね。

コヤくん

2. その他の故障原因

シャッターユニットの寿命だけであればカメラは長く使うことができそうですが、実は他にも様々な故障があります。

例えばこのような例です。

カメラの故障例
  • 操作ダイヤルを回しても反応しなくなった
  • 一眼レフのミラーが上がったままでシャッターが切れなくなった
  • カメラをぶつけたらピントが合わなくなった
  • 三脚ごと倒してしまいボディとレンズが破損した
  • 写真に線や黒い点が出るようになった

レンズの故障やボディ内の故障は様々あります。軽度な不具合であれば1~2万円程度の修理で直ります。

ただカメラを落下させて破損が大きい場合は高額修理になりますし、修理不能になることもあります。

次のツイートはカメラとレンズの修理例ですが、保証がなければ合計22万円という、非常に高額なケースだったようです。

また、写真に線や黒い点が出るトラブルはイメージセンサーの不良で、修理費は5万円以上など高額になります。

補足
絞りを絞ったときだけ写真に出てくる黒い点は、イメージセンサーに付着したゴミになります。これはイメージセンサーの掃除をカメラ店で依頼すれば除去ができます(2,000~3,000円程度)。

ノーノちゃん

ふつうの修理でも、かなり高いこともあるんだね。
はい。特に落下破損やイメージセンサー不良は高くなりますね。

コヤくん

故障や修理費についてはこちらで詳しく解説しています。
一眼レフやミラーレスの故障!修理費はいくら?延長保証はどうする?一眼レフやミラーレスの故障!修理費はいくら?延長保証はどうする?

見積もりで高くなるケース

一つの不具合で修理に出したり、オーバーホール(分解点検)を依頼すると故障が複数見つかることがあります。

この場合、修理見積もりは見つかった数だけかかります。

また同時にシャッターユニットが耐久回数に達していた場合、追加でそのシャッターユニット交換費も上乗せされてしまいます。

ノーノちゃん

一つの修理をお願いしたのに、何個も故障が見つかるんだ・・・
これは長く使ったカメラに起きやすいです。これも寿命と言えるでしょうね。

コヤくん

修理保証について

購入後は1年間のメーカー保証がありますが、購入店の延長保証に入っておくと3年や5年まで保証期間を延ばすことができます。

保証内容は基本的に自然故障が対象となっていて、落下や水没などの自損による故障は対象外となります。

ただ一部の店舗(ソニーやニコンのメーカーオンラインショップなど)では、オプションで自損を含めた延長保証を選択することができます。

ノーノちゃん

保証があるかないかで、金額が全然違うことになるね。
はい。できるだけ延長保証は入っておくと安心だと思います。

コヤくん

古いカメラの注意点

生産終了しているカメラやレンズを修理する場合は注意点があります。

生産終了から5~10年経過していると、メーカーは義務づけられている修理部品の保有期間が過ぎるため、依頼しても部品がなく修理不能になることがあります。

この場合は寿命と考えて買い替えをすることになります。

ノーノちゃん

そうか、古いカメラは修理もできないんだ。
10年くらい前の機種だと、該当するかもしれないですね。

コヤくん

3. バッテリーの劣化

長年使用していると、バッテリー(リチウムイオン電池)が劣化して満充電しても短時間しか撮影できなくなります。

これはスマートフォンのバッテリーと同じで、使用を繰り返すと劣化が進むことが原因です。

バッテリーは約500回の充電を繰り返すと寿命と言われています。

ただスマホのように毎日充電するほどの使用頻度ではないので、カメラの場合はある程度の年数はもちます。

もし劣化してもバッテリーは買い替えすれば直るので、大きな問題にはならないでしょう。

ノーノちゃん

そうだね。バッテリー交換なら簡単だしね。
予備バッテリーを使っている場合は使用頻度が分散されるので、さらに劣化は遅くなりますよ。

コヤくん

4. 一眼レフとミラーレスの寿命は違う?

一眼レフミラーレスは構造的にミラーの有無という違いがありますが、寿命(故障のしやすさ)は違うのでしょうか?

一般的に、一眼レフの場合は内部でミラーが跳ね上がる可動部があるため、ミラーレスより故障しやすいと言われています。

ただ近年のミラーレスは多機能になり、発熱も多いことから電化製品としては故障しやすいという考え方もできます。

実際の故障はダイヤル不良や内部の基盤不良も多いので、どちらを使っても様々な原因で故障は起きてしまうと思われます。

ノーノちゃん

長持ちするカメラがあればいいなと思ったけど、難しそうだね。
筆者もいろんなカメラを使ってきましたが、故障は運次第という感じがしますね。

コヤくん

5. カメラの平均使用年数

内閣府がまとめた消費動向調査というのがあり、それによるとカメラの平均使用年数は「6年」(2019年度)でした。

そして、買い替える理由は大きく2つあるようです。

  • 故障による買い替え
  • 上位機への買い替え

この調査から、故障による買い替えもありますが、最新機能のカメラが使いたいという理由での買い替えも多いようです。

ノーノちゃん

寿命で壊れる前に、売ってしまうケースもありそうだね。
そうですね。私も最新のカメラが欲しくなる一人だと思います。

コヤくん

6. まとめ

カメラの寿命は修理をすることで長くもたせることができます。

ただ長く使うほど修理費は高くなることが多いので、買い替えとのバランスを考えながら検討しましょう。

まとめ
  • シャッターユニットには耐久回数がある
  • 入門機なら数万回、中上級機は10万回以上
  • ショット.com」でシャッター回数を調べられる
  • シャッターユニット交換は1~3万円程度
  • カメラの故障はシャッター以外にも様々起きる
  • 修理料金は故障度合いによって差がある
  • 延長保証は入っておくと安心
  • 修理できない場合は寿命と考える

故障や修理費についてはこちらで詳しく解説しています。
一眼レフやミラーレスの故障!修理費はいくら?延長保証はどうする?一眼レフやミラーレスの故障!修理費はいくら?延長保証はどうする?