未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

Lightroomのおすすめ料金プランはどれ?PCかスマホで選ぶだけ!

Lightroomのおすすめ料金プランはどれ?PCかスマホで選ぶだけ!

Lightroomを導入する場合、料金プランを決めることになります。

このページではプランの選び方や価格、選ぶポイントを解説しています。

ノーノちゃん

どのプランを選べばいいかわからなくて、まだ買ってないんだ。
Lightroomを使うのはPCかスマホで決めると、選びやすいですよ。

コヤくん

1. プランは3つから選択

パソコンからLightroomの購入手続きをすると、このような3プランが表示されます。

Lightroomプラン

注意
Lightroomプラン・フォトプランは年間プランのみとなり、月々払いで途中解約する場合は違約金が発生します。
※プラン変更や違約金などの疑問点は4.よくある質問でまとめています。

それぞれの特徴を解説していきます。

Lightroomプラン

  • 使用アプリ:Lightroom(モバイル版含む)
  • クラウド容量:1TB(1,078円/月)
  • 難易度:初級

Lightroomプラン比較

特徴

使えるアプリはLightroomのみとなっていて、Lightroom単体プランとも呼ばれます。クラウド容量は1TBになります。

写真をクラウドに一元化するのでわかりやすく、場所を問わずパソコン・スマホ・タブレットから利用できるのが特徴です。

PC性能の問題でLightroom Classicだと動作が重い場合にも、Lightroomプランを選ぶ方法があります。

こんな人におすすめ
  • スマホ・タブレットでレタッチしたい
  • クラウドで写真を管理したい

フォトプラン

  • 使用アプリ:Lightroom(モバイル版含む)・Lightroom Classic・Photoshop
  • クラウド容量:20GB(1,078円/月)、1TB(2,178円/月)
  • 難易度:中級

Lightroomフォトプラン

特徴

LightroomとLightroom Classicの両方が使え、さらにPhotoshop(iPad版含む)もセットになったプランになります。

基本はPCでLightroom Classicを使いますが、コレクションの写真を同期することでモバイル端末のLightroomに編集を引き継ぐこともできます。

PC使用がメインのため、写真が増えても外付けHDDに入れることで対応できます。

こんな人におすすめ
  • PCでじっくりレタッチがしたい
  • 大量の写真を管理・整理したい

LightroomとLightroom Classicの違いはこちらで解説しています。
Lightroom CCとLightroom Classicの違い【超初心者向け】Lightroom CCとLightroom Classicの違い【超初心者向け】

コンプリートプラン

  • 使用アプリ:Lightroom・Lightroom Classic・Photoshop・illustratorなど20以上
  • クラウド容量:100GB(6,248円/月)
  • 難易度:上級

コンプリートプラン

特徴

アドビのアプリケーション20以上がセットになったプランで、対象ユーザーはデザイナー・クリエイター向けになります。

Lightroomなどの画像編集アプリに加え、イラスト制作のillustrator、高度な画像編集ができるPhotoshop、映像制作のPremiere Proなどプロ向けのセットとなっています。

例えばillustratorは単体プランでは2,728円/月(税込)ですが、PhotoshopやLightroomも使いたい場合はこのコンプリートプランがお得になります。

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshopと以下のアプリが全て使えます。

Illustrator InDesign Adobe XD
Acrobat Pro Animate Dreamweaver
Premiere Pro Premiere Rush After Effects
Dimension Audition InCopy
Media Encoder Character Animator Prelude
Fuse Bridge
参考 コンプリートプランAdobe公式サイト
補足
コンプリートプランのみ学生・教員割引が用意されています。(2020/11時点)
こんな人におすすめ
  • アドビのアプリケーションをたくさん使いたい
  • クリエイターを目指している

クラウドの容量選択

クラウド容量はLightroomプランは1TB、フォトプランは20GB・1TBが用意されています。

それぞれ保存できる写真(RAWデータ)の枚数は、だいたいこのようになります。

1200万画素
(iPhone DNG)
2000万画素 2400万画素 3200万画素 4500万画素 6000万画素
20GB 1,666枚 869枚 800枚 571枚 444枚 166枚
1TB 83,333枚 43,478枚 40,000枚 28,571枚 22,222枚 8,333枚

20GBプランは、クラウドでの保管用途としては容量が少ないので、一時的な保管やモバイル端末との連携用途に向いています。

1TBプランは、写真の容量にもよりますがクラウドに保管する使い方ができます。

補足
1TBごとに月額1,078円の追加料金で容量を増やすことができます。2TB、5TB、10TBから選択できます。

プラン一覧

3つのプランの特徴をまとめると、このようになります。

Lightroomプラン フォトプラン コンプリートプラン
難易度 初級 中級 上級
使い方 モバイル向け PC向け PC向け
Lightroom
※モバイル版含む
Lightroom Classic
Photoshop
その他主要アプリ
クラウド容量 1TB 20GB
1TB
100GB
料金 1,078円/月(1TB) 1,078円/月(20GB)
2,178円/月(1TB)
6,248円/月(100GB)

※2020/11/09時点です。

各プランの購入手順はこちらでまとめています。
【Lightroom Classic購入】ダウンロード~インストールを解説【Lightroom 購入方法】ダウンロード~インストールを解説

ノーノちゃん

僕はパソコンでもスマホでも使いたいから、Lightroomプランがいいな。
自分の使い方で選んでくださいね。

コヤくん

2. Lightroomモバイルの料金

スマホ・タブレットでは、アプリストアからLightroom mobileをインストールすることができます。

Lightroomモバイルインストール

Adobeアカウントを作成することで無料で使用できますが、フル機能が使える有料版に移行することもできます。

違いはこのようになっています。

無料版 有料版
(Lightroom premium)
料金 0円 560円/月
5,500円/年
RAW編集 ×
機能 制限あり フル

※2020年12月時点の料金です

有料版は1か月単位の月間支払いと、年間払いの2種類が用意されています。

機能面では有料版はRAW現像に対応していて、無料版では使えない部分補正・修復・ジオメトリなど細かい編集ができるようになっています。
Adobe公式サイトに詳しく書かれています)

無料版で星マークがついている機能をタップすると、有料のプレミアム版が案内されてアップグレードできます。

Lightroomモバイル無料有料版 料金

ただ無料版でも明るさやホワイトバランスなど基本レタッチはできるので、実際に試してから有料版を検討するのがよいと思います。

補足
Lightroomプランやフォトプランを契約すると、追加料金なくプレミアム版のLightroomモバイルも使うことができます。

ノーノちゃん

まだLightroomを使ったことがない人は、モバイル版から始めるのもいいね。
はい、無料版でも機能が多いので楽しめますよ。

コヤくん

3. よくある質問

ここではLightroomプラン・フォトプラン・コンプリートプランで気になる疑問をまとめています。

クラウド容量は増やせる?

どのプランも、追加料金でクラウド容量を増やすことができます。

追加料金:1TBあたり1,078円/月(税込)
容量:2TB・5TB・10TBから選択

写真をよく撮る人の場合、1TBではすぐに一杯になってしまいます。

その場合は2TBに増やすか、または1TBのまま継続して古い写真を外付けHDDに移管して、クラウド容量を節約する方法もあります。

プラン変更はできる?

プラン変更は可能になっています。アドビアカウントページから行うことができます。

Lightroomプラン変更

よくあるプラン変更としては、このような例があります。

  • フォトプラン → Lightroomプラン
  • Lightroomプラン → フォトプラン
  • コンプリートプラン → フォトプラン

気になるのはプラン変更時の違約金ですが、Adobe公式サイトでは違約金については書かれていません。

公式サイトでは、月額料金の高いコンプリートプランから安いPhotoshop単体プランへの変更例が書かれていますが、コンプリートプランの残金なども発生しないようです。

何台まで使える?

アドビ公式サイトによると、Creative Cloud 個人版ライセンスは、2台までインストールができます。

ただ2台同時使用は認められていません。

OSに制限はなく、WindowsでもMacでも1台ずつインストールすることができます。

無料期間はある?

有料プランには7日間の無料期間があります。そのため試しに購入してみて、使い勝手を確認することができます。

特に、Lightroom Classicの場合はPCのスペックによって動作が重くなることがあります。

写真をたくさん取り込んで、問題なく使えるかどうかを確認しておくと安心です。

なおAdobe公式サイトでは、購入から14日以内のキャンセルは全額返金するとも書かれています。

補足
無料期間内に解約をしない場合、自動的に契約が開始されます。

解約時に違約金はある?

アドビ サブスクリプションの違約金については、公式サイトの解約条件に書かれています。

月々プラン

月々プランは1か月ごとの契約で、このプランは違約金なしで解約することができます。

例えばコンプリートプランやPhotoshop単体プランなどには月々プランが用意されています。(縛りはない反面、年間プランに比べて割高の料金になります)

年間プラン(一括払い)

1年間の契約で、料金を一括払いするプランになります。一括で前払いするため解約しても違約金はありません。

年間プラン(月々払い)

1年間の契約で、支払いは月々払いになるプランです。

途中解約をする場合、残りの契約期間料金の50%が請求されることになっています。

フォトプランのPhotoshopは簡易版?

フォトプランについているPhotoshopは、Photoshop単体プランと機能は同等と思われます。

筆者もフォトプランのPhotoshopを使用していますが機能制限などはありません。

安くPhotoshopが使えるので不思議に感じますが、Adobe公式サイトでもアプリ機能の違いは書かれていませんでした。

調べたところ、Photoshop単体プランはサービス面で以下の特徴がありました。

Photoshop単体プランの特徴
  • クラウド容量が100GB
  • 年間プランに加えて月々プラン(3,480円/月)が選択可能
  • ペイントソフトAdobe Frescoのプレミアム機能が無料で利用可能

業務などでPhotoshopを短期間だけ使いたい場合には、単体プランの月々プランが選択できるのはメリットになりそうです。

それ以外は基本的にフォトプランで問題ないと思われます。

補足
以前はフォントサービスに違いがありましたが、現在のAdobe Fontsは全てのCreative Cloudプランでフォント全てがアクティベートできるようになっています。

LightroomとPhotoshopの違いはこちらで解説しています。
LightroomとPhotoshopの違い イラストでわかりやすく解説LightroomとPhotoshopの違い 使い分けを実例で解説

Amazonで販売されているLightroomとの違いは?

AmazonではLightroom(年間一括払い)のオンラインコードが販売されています。このコードをAdobeの専用ページで入力して、購入することもできます。

Adobeの公式サイトと同じLightroomをインストールするので、アプリは同じものになります。

ただAmazonではキャンペーン割引価格で販売している時期があり、その時に購入すればお得になります。

キャンペーン割引は、コンプリートプランやIllustrator・Photoshopの単体プランが主な対象商品となっています。

ノーノちゃん

自分に合うプランが見つかったよ。どうやってLightroomを買えばいいかな?
次のページで、購入手順をまとめているので参考にしてくださいね。

コヤくん

購入方法はこちらでご紹介しています。
【Lightroom Classic購入】ダウンロード~インストールを解説【Lightroom 購入方法】ダウンロード~インストールを解説

4. まとめ

多くの方はLightroomプランとフォトプランで悩まれるかと思います。

実際にはPCでレタッチをするのか、モバイル端末でレタッチをするのかで考えればプランが選びやすくなります。

まとめ
  • おすすめはLightroomプランとフォトプラン
  • Lightroomプランはモバイル重視向け
  • フォトプランはPC向け
  • クラウド管理はLightroomプランがお得
  • PCでレタッチするならフォトプランがお得