未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

失敗しない花火撮影のテクニックや撮り方(準備と設定)

失敗しない花火撮影のテクニックや撮り方(準備と設定)

花火撮影では「いい場所が取れなかった」「風下で全く撮影できなかった」というような失敗を経験したことはないでしょうか?

実は花火はタイミングに合わせてシャッターを切るだけなので難しくありません!

また事前の準備も重要になるので、このページでは用意しておく物から撮り方のテクニックまでをご紹介しています。

ノーノちゃん

一眼レフは慣れてきたけど、まだ花火を撮ったことがないんだ。
基礎から解説しているので大丈夫です。実際の撮影は次々にシャッターを切るので楽しいですよ!

コヤくん

1. 花火の作例

一眼レフミラーレスを購入したら初心者でも撮ってみたくなるのが花火です。

上級者でなくても、上手くタイミングが合えば夜空を彩る美しい花火写真を撮ることができます。

淀川花火大会写真

淀川花火大会写真

天神祭花火写真

ノーノちゃん

一眼レフを買ったから、こんな花火を撮りたいよ。
花火は撮り方だけでなく準備も大事なので、順番にご説明しますね。

コヤくん

2. 準備するもの

花火撮影で準備するものはこのようになります。撮影機材の準備と、花火会場で便利な準備品があります。

カメラの準備

花火撮影で準備するレンズと三脚
三脚とレリーズケーブル(またはリモコン)は必需品になります。

レンズ

レンズは打ち上げ地点との距離で選びます。

レンズ
  • 観覧席などの近距離:広角ズーム(焦点距離24mm程度)
  • 500m~1km:標準ズーム
  • 2km:望遠ズーム
  • 全てに対応:高倍率ズーム

カメラ付属のダブルズームキットがあれば、たいていの距離は対応できます。

高倍率ズームレンズは、1本で広く写る広角~望遠までに対応できて便利です。

焦点距離についてはこちらでまとめています。
レンズの焦点距離・画角をわかりやすく解説レンズの焦点距離・画角をわかりやすく解説

三脚

三脚のタイプには自由雲台と3way雲台があります。

どちらでも使用できますが、3way雲台は片手で上下に動かすことができるので便利です。

雲台の違い
  • 自由雲台:両手操作(片手でカメラを支える必要あり)
  • 3way雲台:片手操作

詳しくは「雲台について」で解説しています。

リモート機器

手ぶれ防止のためレリーズケーブルやリモコンを使用してシャッターを切ります。

それぞれの機種に対応したものがメーカーから発売されています。

スマホからのリモート操作

入門機の一部はレリーズケーブル・リモコンともに非対応で、スマートフォンからのWiFiリモート操作のみの対応となっています。

その場合メーカーの専用アプリを起動し、スマホからシャッター操作を行います。

補足
リモコンは各社で名称が異なっていて、ニコン・キヤノンは「リモートコントローラー」、ソニーは「リモートコマンダー」と呼んでいます。

記録メディア

花火撮影では200~500枚程度の容量があれば大丈夫です。

予備バッテリー

長時間シャッターを行うとカメラのバッテリーの消費が大きくなるので、予備バッテリーがあると安心です。

NDフィルター

連発の花火は明るく白飛びしてしまうのでNDフィルターを付けて撮影します。特にクライマックスに役立ちます。
※NDフィルターの使い方は下の項目で解説しています。

会場での便利グッズ

打ち上げ地点に近い位置で場所取りをする場合は日陰のない炎天下で数時間待機することになります。

そのためアウトドアグッズを用意しておきます。

レジャーシート 荷物置き場として、また地面が湿っている場合でも防水素材のシートなら敷くことができます。
携帯チェア レジャーシートのまま座るとお尻が痛くなるので、折りたたみ椅子や携帯用腰掛け、クッションシートなどを用意します。
帽子・タオル
・日傘
熱中症予防のため帽子やタオル、日傘を用意しておきます。また小型のハンディ扇風機も便利です。
虫除けスプレー 河原などは蚊が多いので携帯用の虫除けスプレーを用意します。
ミニ懐中電灯 スマホのライトでもよいですが、暗い中なのでサッとライトをつけられるミニ懐中電灯があると便利です。
水分・食べ物 場所を確保する前に多めの水分と食べ物を用意しておきます。水分はOS-1などの経口補水液もあるとよいです。
雨具 急な天気に備えて折りたたみ傘(日傘にもなる)やレインコートを用意しておきます。
トイレの場所も確認
出発前は仮設トイレの場所も確認しておきます。たいてい大勢の人が並ぶので待ち時間は長くなります。

ノーノちゃん

花火撮影って、こんなに準備が大変なんだね^^;
場所取りをする場合は大変です。熱中症のリスクがあるので、しっかり対策してくださいね。

コヤくん

3. 花火大会の下調べ

花火を撮影するポイントと当日の風向きを下調べしておきます。

撮影ポイントを決める

花火大会の公式ホームページがあれば、打ち上げ地点と撮影可能エリアを把握しておきます。

花火会場の案内図-花火撮影
「なにわ淀川花火大会」ホームページの会場図になります。このような案内図から撮影位置を絞ります。
補足
会場によっては三脚使用エリアが限定されているので、公式ホームページで調べておきます。

風向きを調べる

花火は煙が出るため、撮影は風向きを考える必要があります。

風下に入った花火撮影
撮影ポイントが風下に入ってしまうと、花火が煙で隠れてしまいます。

風対策として、「SCW-天気予報」というサイトで詳しい風向き予測を見ておきます。

詳しい風向き予測はこちら
参考 SCW-天気予報スーパーコンピュータが予測する天気予報

SCW-天気予報の見方

SCW天気予報風向き-花火撮影
右下の「気圧・風速」を選ぶと風向きが表示され、下の時間から予測が表示できます。

風の強さは「紫→青→緑→黄→橙→赤」の順に強くなります。

SCW天気予報風向き-花火撮影
局地」に切り替えると現在の風が詳細に表示されます。(「局地」での予測は有料会員のみとなります)

この風向き予測を見て、風下に入らない撮影ポイント場に決めます。

あらかじめ撮影ポイントを南北や東西など2か所を決めておくと、当日がどの風向きになっても対応しやすくなります。

ノーノちゃん

風予測は重要だね。煙で見えなかったら、意味がないもんね。
運悪く、無風で煙が写り込んだり強風もあるかもしれませんが、ある程度の対策はこれでできると思います。

コヤくん

補足
SCW-天気予報の画面で「雨量・雲量」をクリックすると、天気予報の予測も見ることができます。

4. 花火撮影の基本設定

撮影モード バルブ
F値 F11~F16(状況により変更)
ISO感度 100
ホワイトバランス 電球・蛍光灯・太陽光(晴れ)(好みで選択)
フォーカスモード AF→MF
手ブレ補正 OFF
長時間露光時のノイズ低減 OFF
画像サイズ L
花火撮影の設定画面
花火の設定を行うと情報画面はこのようになります。
※画面はニコン機になります

それぞれの設定を解説していきます。

撮影モード

  • バルブ

撮影モードダイヤルを「マニュアルモード」に設定し、シャッタースピードを30秒より遅くすると「バルブ」が表示されます。

補足
キヤノン「80D」など一部の機種は撮影モードダイヤルからバルブ「B」を選択します。またパナソニック「GF10」などはバルブはなく「タイム」モードで花火を撮影する機種もあります。

F値

  • F11~F16
    (マイクロフォーサーズ機はF16)

基本はF11ですが連発系の明るい花火はF16やF22などに絞って撮影します。

最低ISO感度が200となるマイクロフォーサーズ機は1段絞ったF16を基準に設定します。

F値についてはこちらで解説しています。
F値(絞り値)とは?使い方を超初心者向けにわかりやすく解説F値(絞り値)とは?使い方を超初心者向けにわかりやすく解説

ISO感度

  • ISO100
    (マイクロフォーサーズ機は200)

ISO感度は最低感度に設定します。

ISO感度についてはこちらで解説しています。
ISO感度とは?目安の数値や設定方法をわかりやすく解説ISO感度とは?目安の数値や設定方法をわかりやすく解説

ホワイトバランス

  • 電球・蛍光灯・太陽光(晴れ)

近年は青・緑・赤など色鮮やかな花火が増えていて、このような花火は「電球」「蛍光灯」に合わせると色鮮やかになります。

ホワイトバランスについてはこちらで解説しています。
【ホワイトバランスとは?】色温度を変えるだけで写真が綺麗に!【ホワイトバランスとは?】色温度を変えるだけで写真が綺麗に!

フォーカスモード

  • AF→MF

撮影場所でAFで風景にピント合わせ、MFに切り替えて撮影します。

手ブレ補正

  • OFF

三脚を使用する場合は手ブレ補正をOFFにします。

長時間露光時のノイズ低減

  • OFF

長時間露光時のノイズ低減はONだとシャッター後に処理時間がかかるためOFFにします。

画像サイズ

  • L(最大画素数)

画像サイズは主に「L・M・S」の3種類があります。

花火では撮影後にトリミング(切り取り)することがあるため最大画素数の「L」にしておきます。

ノーノちゃん

出発前に設定を済ませておけばいいね。
はい、出発前がおすすめです。
次は花火会場での流れをご紹介します。

コヤくん

5. 当日の流れ

ここからは花火大会当日の動きになります。

1

花火会場へ

まず上記のカメラの設定をしておきます。

準備を整え、風向きも大丈夫であれば撮影スポットへ向かいます。

花火会場の様子

打ち上げの1~2時間前にはすでに多くの人が集まっています。

見通しのいい場所から順に場所取りが始まるので、早めに現地に着いて場所取りをしておきます。

花火撮影での場所取りレジャーシート

レジャーシートを敷いて場所を確保します。

場所取りの後、荷物を置いて離れる場合はトラブルになりやすいので注意が必要です。

熱中症にご注意を
長時間の場所取りは熱中症の危険があります。十分な水分確保や炎天下では日傘を使うなど熱中症対策をしてください。

ノーノちゃん

場所取りはかなり大変そうだね・・・
ベストな場所を確保するのは確かに大変です。
混雑が少ない、離れた場所から始めてみるのもよいと思います。

コヤくん

2

三脚設置

三脚は後ろにいる観覧者の邪魔にならないよう注意します。

河原では土手の斜面に場所を取ると、以下のメリットがあります。

  • 前を人が通っても写り込みにくくなる
  • 背後の人にも邪魔になりにくい

ただ、斜面なので設置は注意して行います。

三脚設置方法-土手斜面

斜面の上側を短く、斜面の下側を長くして安定させます。

三脚設置方法-土手斜面

三脚に水準器があれば水平に設置できているか確認できます。

カメラを斜面の下方向(川方向)に向ける場合は、斜面下側の脚を1本にすると安定します(2本だと倒れやすくなります)。

設置後は倒れないバランスになっているか確認しておきます。

3

ピント合わせ

三脚を後ろの人の邪魔にならない高さに調整し、カメラを設置します。

花火構図焦点距離

花火の位置を予想しながらズームして焦点距離を合わせます。

花火撮影焦点距離

この例では35mm(換算52mm)の位置になっています。

次にその焦点距離のまま、遠い風景や光源をAFで撮影し、MFへ切り替えます。

ライブビュー拡大でピント合わせ

ライブビューで拡大させるとピント具合が確認できます。

AF-MF切り替え操作

1枚撮影してピントが合っていることを確認したら、フォーカスをMFへ切り替えておきます。

これでどの花火を撮影してもピントが合うようになります。

補足
打ち上げ後にズームをした場合は、再度この操作を行うことになります。
4

リモート機器の準備

レリーズケーブルをカメラに接続します。

三脚にレリーズケーブルを装着

端子カバーを開きレリーズケーブルを差し込みます。

リモコンの場合はカメラでリモコンを使う設定を行います。

リモコン設定画面

ドライブモードやメニュー画面からリモコン使用の設定ができます。

またスマホの遠隔シャッターを使う場合は、専用アプリを立ち上げてシャッター画面を表示しておきます。

ノーノちゃん

打ち上がる方向は、予測するしかないんだね。
はい。そのため打ち上がってからまた構図合わせをすることもあります。

コヤくん

6. 撮影手順

ここからは花火の撮り方をご説明します。

撮影開始

いよいよ花火が打ち上がります。

花火大会オープニング構図決め
初めの数発で花火が上がる方向や高さが把握できます。
花火打ち上げ位置構図
オープニング花火の位置がずれた写真です。いきなり大玉が連続で上がったため露出オーバーにもなっています。

連続の明るい花火はF値をF22などに大きくする必要があります。

しかし瞬時の変更はできないのでこのような失敗写真も撮れてしまいます。

いきなりいい写真を撮るのは難しいです。初めはシャッターの練習や、構図合わせの時間に使いましょう。

コヤくん

補足
まだ空に明るさが残っている時間帯の撮影も露出オーバーになりやすいのでシャッタースピードに注意が必要です。

花火の撮影方法とシャッター時間

花火はバルブ撮影でシャッターを切ります。

1

シャッターを開く

花火写真-撮影方法タイミング
打ち上がり始めたらシャッターボタン(レリーズケーブルのボタン)を押します。

2

押し続ける

花火写真-撮影方法タイミング
花火が開きますが、まだ押し続けます。

3

シャッターを閉じる

花火写真-撮影方法タイミング
花火が消えるタイミングでシャッターボタンを離して撮影完了です。

シャッターを押している(シャッターを開いている)時間は単発なら5秒~10秒程度になります。

リモコン操作の場合
リモコンを使う場合は押し続けるのではなく、1回押してシャッターを開き、2回押してシャッターを閉じる2回押しで撮影を行います。

打ち上がってすぐにシャッターを押すことで、昇り火の軌跡を写すことができます。

昇り火を写した花火写真

F16 6.5秒 ISO100

もし花火が開いてからシャッターを押すと下のような写真になります。

花火の芯が写らない写真
タイミングが遅く花火の芯が写らない写真になります。

すぐに2発目も上がっていればシャッターを押し続け、2つの花火を写すことができます。

ただ複数の花火はF22などに絞らないと露出オーバーしやすくなります。

ノーノちゃん

1発の花火だったら、僕でもできそうだ。
はい、花火を見ながら押し続けて離すだけなので、簡単ですよ。

コヤくん

7. 花火撮影3つのポイント

花火撮影は、失敗すると取り返しが付かなくなります。

通常と違い、同じ場所で撮るには来年まで待たないといけません。

失敗しないようにポイントを抑えておくことが重要です。

花火撮影3つのポイント
  1. 連発系の花火
  2. 構図の決め方
  3. NDフィルター(中級者向け)

①連発系の花火

連発系の花火は明るいので、単発花火と同じ撮り方をすると露出オーバー(明るくなり過ぎる状態)になってしまいます。

白飛びした花火写真
シャッター時間は2.6秒と短めでしたが、それでも露出オーバーになっています。

この場合はシャッター時間をかなり短くするか、操作でF値をF22などに大きくしてから撮影します。

シャッター時間の短い花火写真
シャッター時間を短い0.5秒にすると、ちょうどよい露出(明るさ)になりました。

シャッター時間を短くすることで光量を抑えることができますが、花火の軌跡は短く写ることになります。

もしF値を大きくして絞っていれば、シャッター速度をもう少し長くできるので軌跡も長く写すことができます。

ノーノちゃん

うーん、1発なら簡単かと思ったけど、連続で上がったら対応できなさそう^^;
連続花火はF値を大きくするといいのですが、操作が必要なので難しくなりますね。

コヤくん

基本のF値はF11程度ですが、F16など絞っておくと複数の花火がちょうどよい明るさになります。

花火撮影淀川花火大会

F16 9秒 ISO100

F16に絞って3発の花火を写しました。
淀川花火大会

F16 4.5秒 ISO100

F16に絞って複数の花火を撮影しています。

※ただF16でも連続花火の数が多い場合は露出オーバーになります。

②構図の決め方

花火撮影で難しいのが構図です。大きさの異なる花火が、低い位置や高い位置で開くため構図に入らなくなります。

花火撮影の構図
低い位置で小さめの5号玉、高い位置で10号玉(尺玉)や20号玉(二尺玉)が開くことになります。

花火の種類について
参考 日本の花火花火玉の大きさのいろいろ

大玉に合わせて広く写すと5号玉などは小さく写り、逆に小さい花火にズームすると大玉が入らなくなってしまいます。

そのため、どちらかに絞って構図を決めます。

広めの構図

基本は広めの構図がおすすめです。

花火が小さく写っても、パソコンやカメラの編集画面でトリミング(切り抜き)を行い、大きくすることができます。

広い構図で撮った花火写真
大きな花火を予測した、広めの構図になります。
花火が小さく写った構図
構図を広くすると、小さい花火も写ることになります。
花火が小さく写った構図を拡大
画像編集ソフトで大きくトリミングすることで迫力のある写真になりました。

このトリミングで元画像の2400万画素から約400万画素の写真になりました。

それでも写真の横幅は2000pixel以上あるのでパソコンモニターでは十分綺麗に見ることができます。

補足
なるべく画素数の多いカメラの方が、トリミング後でも画素数が多く残るので有利になります。

ノーノちゃん

画像編集ソフトを持っていない人は、どうすればいいの?
カメラを購入すると、付属に画像編集ソフトがあるので大丈夫ですよ。

コヤくん

また、カメラの再生画面からでもトリミング編集をすることができます。

花火写真のトリミング
カメラの再生画面で、トリミング編集ができます。
花火写真のトリミング
花火の部分だけの写真にできました。

ズームアップ構図

ズームして迫力ある大きな花火にする構図もあります。

ズーム構図での花火写真
ズームすると大きく写ります。ただ構図に入らない花火も多くなります。

縦構図

単発の花火を昇り火から移す場合は、縦構図が適しています。

縦構図の花火写真
何も写らない左右の無駄なスペースがなくなるので綺麗に収まります。
注意
三脚で縦構図にすると重心の位置が変わるため倒れやすくなります。脚の向きを調整して安定させる必要があります。

または横構図の写真をトリミングで縦構図にする方法もあります。

花火トリミング縦構図
パソコンの画像編集ソフトでトリミングを行います。
花火トリミング縦構図
綺麗な縦構図にできました。周囲の余白(風景のない部分)の幅は好みで調整します。
花火写真縦構図-スマホiPhone
縦構図はスマホでは全画面表示になるので迫力ある見え方になります。

ズームしたらピント合わせ

ズームで構図変更をした後は再度ピント合わせが必要になります。

MFのままで遠くの光源にピントを合わせるか、AFに切り替えて光源や打ち上がる花火にピントを合わせてからMFに戻して撮影を行います。

補足
暗い中でもAF・MFの切り替え、再生画面の拡大が素早くできるよう、慣れておくことも大切です。

③NDフィルター(中級者向け)

NDフィルターとはサングラス替わりのような薄いレンズで、光量を減らす効果があります。

NDフィルターNo.8花火撮影
このような色の濃いレンズを、撮影するレンズの先端に取り付けます。

NDフィルターの色の濃さは多数の種類がありますが、花火ではND4ND8という種類が使用されます。

NDフィルターを使うメリット
  • 複数の花火でも露出オーバーが起きにくい
  • 画質低下を防げる
NDフィルターなしで花火撮影失敗写真
NDフィルターがない場合、多数の連続花火(スターマイン)が上がると露出オーバーになってしまいます。
淀川花火大会NDフィルター写真-一眼レフ
NDフィルターをつけていると光量を抑えて撮影できます。

連続花火は明るいのでF値を22などに大きく絞りますが、それでも露出オーバーになりやすいです。

そこでNDフィルターをつけると、物理的に花火の光量を抑えるので露出オーバーを防ぐことができます。

淀川花火大会NDフィルター写真-一眼レフ

(換算)48mm F11 7.3秒 ISO100

ND8のフィルターを付けて連続花火を撮影しました。

もしこの写真をNDフィルターなしで撮るにはF32まで絞る必要がありますが、F値が大き過ぎるためボンヤリした画質になってしまいます。

NDフィルターがあれば大きなF値にしなくてよいので、綺麗な画質で写すことができます。

■その他NDフィルターを使った作例
※明るさ調整・トリミングあり

淀川花火大会NDフィルター写真-一眼レフ

(換算)48mm F11 8秒 ISO100

淀川花火大会NDフィルター写真-一眼レフ

(換算)48mm F16 9.3秒 ISO100

淀川花火大会NDフィルター写真-一眼レフ

(換算)48mm F11 7.2秒 ISO100

淀川花火大会NDフィルター写真-一眼レフ

(換算)48mm F16 2.4秒 ISO100

淀川花火大会写真

(換算)48mm F11 10.4秒 ISO100

ノーノちゃん

NDフィルターを使うと、複数の花火が写って豪華だね!
はい、通常では撮れない花火写真になりますよ。

コヤくん

NDフィルターの仕組み

例えばND4を付けた場合は光量が2段分弱くなります。

「F11+シャッター時間5秒」で写す花火と、ND4を付けて「F5.6+シャッター時間5秒」で写す花火は同じ明るさになります。

このように低いF値から撮影できることが特徴です。

NDフィルター設定値幅
ND4をつけるとF値の調整幅が広くなります。数値を変更すれば単発でも連続花火にも対応できます。

ND8の場合は、光量が3段分弱くなります。例えば通常「F16」で撮影する明るさは「F5.6」でよいことになります。

補足
マイクロフォーサーズ機は最低ISO感度が200のため(明るく写りやすい)、一眼レフよりF値を1段大きく絞る必要があります。そのためNDフィルターの使用はより有効になります。

単発だと暗く写ることも

NDフィルターをつけて複数の花火の明るさに合わせている場合、単発の花火が上がると光量不足で暗く写ってしまいます。

ただ暗く写っても、画像編集ソフトで明るく修正することは可能です。

花火写真を明るさ調整
画像編集ソフトを使えば暗い花火写真でも明るくできます。

ノーノちゃん

花火は暗く写っても、明るくできるんだね!
明るすぎる真っ白な花火は修正不可能ですが、暗い花火は修正できるので大丈夫です。

コヤくん

NDフィルターの選び方

濃度

NDフィルターは濃度別に種類があり、花火撮影ではND4またはND8を使用するのが一般的です。

どちらを選んでも花火の明るさはF値で調整します。

NDフィルター使用時のF値
  • ND4使用時のF値:F8~F11
  • ND8使用時のF値:F5.6~F8
※連発系の花火はさらに絞ることがあります。

口径サイズ

NDフィルターは装着するレンズと同じ口径サイズのものを選びます。

レンズの前面や側面などに「Φ○○」という表記があれば口径サイズになります。

NDフィルター口径サイズ
このレンズの口径は67mmになります。
ステップアップリングとは
ステップアップリング(数百円で販売)を使うと、大きなサイズのNDフィルターを小さい口径のレンズにつけることができます。

ノーノちゃん

ステップアップリングがあれば、大きなNDフィルターを小さいレンズにもつけれるんだね。
はい、使い回しができるようになるので経済的ですよ。

コヤくん

8. 花火の撮り方まとめ

花火撮影はカメラのテクニックだけでなく事前の準備が重要になります。

準備は大変ですが、抑えるポイントは決まっているので出発までに揃えれば大丈夫です。

花火の撮影は初めは難しいですが、慣れてくるといい写真が撮れるのでぜひチャレンジしてみてください。

まとめ
  • レンズは標準ズームレンズか望遠レンズがあればOK
  • 三脚は必需品なので用意しておく
  • 撮影にはリモート機器でシャッターを切る
  • 撮影ポイントはネットで情報を集めよう
  • 天気予報で風向きチェックも必要
  • ピント合わせは遠くに合わせてMFに切り替える
  • シャッターのタイミングは打ち上がってすぐに開始
  • 連続で上がる花火は露出を暗くする
  • クライマックスなどの明るい連続花火はNDフィルターを使う

花火撮影では便利な三脚選びも重要になります。
おすすめ三脚の選び方(一眼レフ・ミラーレス向け)おすすめ三脚の選び方(一眼レフ・ミラーレス向け)