Amazon 数量限定タイムセール開催中

【比較】Windows DefenderとAvastどっちが良い?併用しても大丈夫?

【比較】Windows DefenderとAvastどっちが良い?併用しても大丈夫?

このページではよく比較されるWindows DefenderとAvast(アバスト無料アンチウイルス)、どちらが優れているのか検証しています。

「検出率」「保護率」「誤検出数」など第三者評価機関が行っているテストデータを基に徹底的に比較していますので、ぜひチェックにしてみてください。

ノーノちゃん

個人的にはAvastより信頼性の高いマイクロソフトが提供しているWindows Defenderの方が安心できるよ。
Avastの運営会社もロンドン証券取引所に上場していたこともある企業なので信頼性は高いですよ。

ぶたさん

「無料のセキュリティソフト」はなぜ信頼できるのか?チェコ最大のIT企業「アバスト」に“無料の理由”を聞いてみた
 
同年には東京に日本法人を設立しました。そして2018年5月にはロンドン証券取引所に上場しました。
参照元:ImpressWatch

1. Windows DefenderとAvastどっちが良い?

Windows DefenderとAvastどっちが良い?

Windows DefenderとAvast(アバスト無料アンチウイルス)を比較するにあたって、まず両ソフトの性能比較から見ていきましょう。

★性能比較

Windows
Defender
Avast
(無料アンチウイルス)
オフライン検出率 83.10% 99.30%
オンライン検出率 96.90% 99.50%
システム保護率 99.98% 99.97%
誤検出数 32 2
ファイアウォール
ランサムウェア対策
不正ブロック対策
メールスキャン
動作の軽さ 普通 軽い
料金 無料 無料

ノーノちゃん

「システム保護率」「ファイアウォール」「ランサムウェア対策」とかどういう意味なのかまったく分からないよ…。
見慣れない単語が多いと思いますが、一つずつ分かりやすく解説しますので大丈夫ですよ。それではまずウイルス検出率から説明していきますね。

ぶたさん

①ウイルス検出率

Windows Defenderとアバストのウイルス検出率比較
ウイルス検出率とは悪意のあるファイルやソフトをどれだけ検出できたかを示す数値のことです。
ソフト名 オフライン
検出率
オンライン
検出率
Windows Defender 83.10% 99.30%
Avast 96.90% 99.50%

参照元:AV-Comparatives|Malware Protection Test March 2023

上記の表は、セキュリティ対策ソフトウェア評価機関「AV-Comparatives」が2023年に行ったウイルス検出率テストの結果です。

このテストでは、オフラインおよびオンラインの状態でスキャンを実施し、悪意のあるファイルをどれだけ検出できるかを測定しています。

比較表を見れば明らかなように、オフライン・オンラインの両方においてアバストのウイルス検出率が高いことが分かります。

つまり、Windows DefenderよりAvastの方がウイルスを発見する能力が高いので、セキュリティ面で優れていると言えるでしょう。

ノーノちゃん

Windows Defenderの検出率は他のウイルス対策ソフトと比べてどうなの?
Windows Defenderはオフライン時のウイルス検出率はかなり高いですが、オフライン時の検出率が非常に低いです。総合的に見ると平均的なソフトと言えるでしょう。

ぶたさん

②システム保護率

Windows Defenderとアバストのシステム保護率の比較
システム保護率とは、パソコンのシステムを変更するような悪意のあるプログラムから、どれだけシステムを守ることができたかを示す数値のことです。
ソフト名 オンライン
保護率
Windows Defender 99.98%
Avast 99.97%

参照元:AV-Comparatives|Malware Protection Test March 2023

こちらの表もセキュリティ対策ソフトウェア評価機関「AV-Comparatives」が2023年に行ったシステム保護率テストの結果になります。

システム保護率はWindows Defenderが99.98%、Avastが99.97%と両ソフトとも非常に高い保護率を達成しています。

したがって、どちらのソフトを選んでも勝手にパソコンのシステムを変更するような、悪意のあるプログラムからシステムを守ることができます。

Windows Defenderは他複数の評価機関の保護率テストでも、常に100%に近い結果を出しているので、システム保護を重視するならWindows Defenderがおすすめです。

ぶたさん

③誤検出数

Windows DefenderとAvast(アバスト)の誤検出数を比較
誤検出とは、危険性のない正常なソフトやファイルをウイルスとして誤って検出してしまう事です。
ソフト名 ウイルス
誤検出数
Windows Defender 32
Avast 2

参照元:AV-Comparatives|Malware Protection Test March 2023

こちらの表も「AV-Comparatives」が2023年に行ったウイルス誤検出数のテスト結果になります。

誤検出数はAvastが2回という優秀な結果なのに対して、Windows Defenderは32回という非常に残念な結果となっています。

検出されたソフトやファイルが正常か危険かを見極められる方以外は、Windows Defenderを使うことは難しいかもしれません。

ノーノちゃん

誤検出が多いと何か問題があるの?
過去に誤検出で重要なシステムを削除してしまい、パソコンが起動しなくなったという事例がたくさんあります。ですので誤検出は少ないことに越したことはありません。

ぶたさん

「ウイルスセキュリティ」PCが起動できなくなる不具合、誤検知で
 
該当期間中に自動アップデートしたウイルスセキュリティがAHCIドライバーをウイルスとして誤検知し、次回起動時に削除したためPCが起動しなくなっていた。
参照元:ImpressWatch

④ファイアウォール

ファイアウォール
ファイアウォールとは、各ソフトの通信の許可・未許可や、外部からの不正な侵入を防いだりできる、検問所のような役割を持っているものです。
ソフト名 ファイアウォール
Windows Defender
Avast

 
Windows Defenderではファイアウォール機能が搭載されているので、このソフト一本でセキュリティ対策をすることが可能です。

一方、Avast(アバスト無料アンチウイルス)には搭載されていませんので、他のファイアウォールソフトを導入する必要があります。

※2022年1月14日からAvast(アバスト無料アンチウイルス)でファイアウォールが利用できるようになりました。

アバストが「アバスト無料アンチウイルス」のファイヤーウォール機能を正式発表

参照元:窓の社|2022年1月17日

ノーノちゃん

ルーターがあればファイアウォールなんていらないんじゃないの?
ルーターも外部からの攻撃を防ぐ機能がありますが、あくまで通信機器なのでセキュリティ的には不十分です。強固なセキュリティ体制を築くにはファイアウォールは不可欠です。

ぶたさん

ファイアウォールを無効にすることで起こり得るリスクとは?
 
ファイアウォールを無効化することで、不正な通信を監視、あるいは遮断する機能が無効化されてしまうことになる。つまり、外部からのサイバー攻撃に対して無防備な状態となることを意味する。

参照元:ESET SPECIAL SITE

⑤ランサムウェアブロック

ランサムウェアブロック
ランサムウェアとは、他人のパソコン内のデータを暗号化してアクセスできなくした上で「元に戻してほしければ金を払え」と要求する身代金ウイルスのことです。
ソフト名 ランサムウェアブロック
Windows Defender
Avast

 
Windows DefenderとAvastともにランサムウェアに対応しています。

ただし、Windows Defenderのデフォルト設定ではランサムウェアの防止がオフになっている場合がありますので必ずオンにしておきましょう。

Windows Defenderのランサムウェア防止をオンにする方法は下記ページの「①ウイルスと脅威の防止」をご覧ください。
【全解説】Windows Defenderだけで大丈夫?設定や有効化の方法についても解説!【全解説】Windows Defenderだけで大丈夫?設定や有効化の方法についても解説!

ノーノちゃん

ランサムウェア対策はどっちのソフトの方が性能が良いの?
申し訳ないですが、ランサムウェアの性能に関しては評価機関のデータがないので分からないです。しかし、Avastはランサムウェア復号ツールを提供していますのでかなりのデータを蓄積しているかと思われます。

ぶたさん

⑥不正サイトブロック

不正サイトブロック
不正サイトブロックとは、フィッシング対策など悪意のあるコードが埋め込まれた危険なサイトをブロックして、パソコンを保護する機能です。
ソフト名 不正サイトブロック
Windows Defender
Avast

 
Windows Defenderでは「Smart Screen」という悪意のあるサイトをブロックする機能が搭載されています。

ただし、Smart ScreenはMicrosoft Edgeを利用している場合のみ有効で、他のブラウザでは機能しないというデメリットがあります。

一方、Avastでは「ウェブシールド」という不正サイトブロック機能が備わっています。この機能はすべてのブラウザで使うことができます。

ノーノちゃん

Windows Defenderのサイトブロック機能はGoogle Chromeで使えないの?
残念ながら使えません。Google Chromeでサイトブロック機能を使いたい場合はAvastやウイルスバスターなどを利用しましょう。

ぶたさん

こちらでサイトブロック機能が充実しているウイルスバスターの解説をしています。
Windows Defenderとウイルスバスターどっちが性能高い?セキュリティソフトいらないはホント!?Windows Defenderとウイルスバスターどっちが性能高い?セキュリティソフトいらないはホント!?

⑦メールスキャン

メールスキャン
メールスキャンとは、送られてきたメールにウイルスなどが含まれていないかをチェックする機能です。
ソフト名 メールスキャン
Windows Defender
Avast

 
残念ながらWindows Defenderではメールスキャン機能はありません。そのためメールの添付ファイルなど一度ダウンロードしてからスキャンする必要があります。

Avastでは「メールシールド」というメールの添付ファイルをスキャンしたり、クリックする前に警告を出す機能があります。

ノーノちゃん

メールからウイルス感染することあるの?
実はメールからウイルス感染するケースが非常に多いです。

情報セキュリティメーカー「デジタルアーツ」の調査によるとウイルス被害などの19.6%はメールからだというデータがあります。

ぶたさん

21年発生のインシデントは1451件 約半数がメールとWebアクセスに起因──デジタルアーツ調査
 
今回同社は、国内企業におけるセキュリティ対策の方針や、2021年中に経験したインシデントの発生状況について調査。これによると、2021年に発生したインシデントは1451件であり、このうちメールとWebアクセスに起因するインシデントが全体に占める割合が49.2%と半数近くになることがわかった。

参照元:EnterpriseZine(エンタープライズジン)

⑧動作の軽さ

動作の軽さ
動作の軽さとは、CPUやメモリの使用量が少なく、ソフトの反応が早いことを指します。
ソフト名 動作の軽さ メモリ使用量
Windows Defender 普通 450MB程度
Avast 軽い 150MB程度
■Windows Defender

Windows Defenderのメモリ使用量

Avast(アバスト無料アンチウイルス)

Avast(アバスト無料アンチウイルス)のメモリ使用量

 
Windows Defenderのメモリ使用量は450MB程度ですので、動作の軽さは他のセキュリティ対策ソフトと比べても平均的な軽さです。

一方、Avastのメモリ使用量は150MBと非常に軽く、低スペックのパソコンでも利用することができます。

ノーノちゃん

Avastはめちゃめちゃ動作が重たいイメージだったけどかなり軽いんだね。
以前のAvastはメモリ使用率が1GB超えていた時期がありましたが、現在は改善されて非常に軽くなっています。

ぶたさん

どっちの性能が高い?

Windows
Defender
Avast
(無料アンチウイルス)
オフライン検出率 83.10% 99.30%
オンライン検出率 96.90% 99.50%
システム保護率 99.98% 99.97%
誤検出数 32 2
ファイアウォール
ランサムウェア対策
不正ブロック対策
メールスキャン
動作の軽さ 普通 軽い
料金 無料 無料

 
Windows Defenderのシステム保護率は、セキュリティ対策ソフトの中で最強クラスと言っても過言ではないほど高いです。

一方、Avast(アバスト無料アンチウイルス)は、ウイルス検出力の高さ、誤検出の少なさ、動作の軽さなど総合的に優れています。

ノーノちゃん

比較してみるとAvastのほうが良さそうだね。
そうですね。個人的にもWindows Defenderより総合的に優れているAvastをおすすめします。

ぶたさん

2. 各ソフトの詳細情報

Windows DefenderとAvast(アバスト)詳細情報

ここではWindows DefenderとAvast(アバスト無料アンチウイルス)の詳細情報を載せています。

Windows Defender

Windows Defender
Windows Defenderの詳細情報になります。
ソフト名 Windows Defender
(ウインドウズ・ディフェンダー)
運営会社 Microsoft
提供開始年 2006年10月25日
開発元 アメリカ
機能 ウイルスと脅威の防止
アカウントの保護
ファイアウォールとネットワーク保護
アプリとブラウザーコントロール
デバイスセキュリティ
デバイスのパフォーマンスと正常化
ファミリーのオプション
対応OS Windows
料金 無料
公式サイト https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-defender-for-individuals

 
Windows Defender(ウィンドウズ・ディフェンダー)は、ウイルス対策とファイアウォール機能を備えた無料セキュリティ対策ソフトです。

マイクロソフトが提供している完全無料のソフトで、Windows7以降のパソコンには標準で搭載されています。

かつてはウイルス検出の精度があまり高くありませんでしたが、現在ではAIやクラウドデータを活用した検出システムが導入され、平均的な水準まで向上しています。

ノーノちゃん

Windows Defenderはどんなメリットがあるの?
Windows Defenderのメリットはパソコンに標準搭載されていることです。また特に設定をせずに利用できるところもおすすめポイントです。

ぶたさん

Avast(アバスト無料アンチウイルス)

アバスト無料アンチウイルス
アバスト無料アンチウイルスの詳細情報になります。
ソフト名 Avast(アバスト無料アンチウイルス)
運営会社 Avast Software社
提供開始年 1988年
開発元 チェコ
機能 リアルタイムウイルス検出
ランサムウェアから保護
安全なブラウジングとメール
不審なファイルブロック
Wi-Fiセキュリティスキャン
データ漏洩アラート
偽サイトによる盗難阻止
対応OS Windows
Mac
Chrome OS
Android
iOS
料金 無料
公式サイト https://www.avast.co.jp/free-antivirus-download

 
Avast(アバスト無料アンチウイルス)は、その名の通り無料のウイルス対策ソフトです。

フリーソフトでありながら、市販のソフトに匹敵するウイルス検出力を備えており、ウイルスの脅威からお使いのパソコンを守ることができます。

ただしアバスト無料アンチウイルスにはファイアウォール機能はありませんので、他のソフトと併用する必要があります

※2022年1月14日からAvast(アバスト無料アンチウイルス)でファイアウォールが利用できるようになりました。

ノーノちゃん

アバストはどんなメリットがあるの?
アバストのメリットはウイルス検出率が非常に高いところです。既存のウイルスはもちろん、未知のウイルスにもすぐに対応してくれるのでおすすめです。

ぶたさん

3. よくある質問

よくある質問

ここではWindows DefenderとAvast(アバスト無料アンチウイルス)についてのよくある質問を載せています。

Windouws10にavastいらない?

Windows10ではWindows Defenderが標準で搭載されていますので、Avastを追加でインストールする必要はありません。

ただし、より高いセキュリティを求める場合はAvastを導入することをおすすめします。

AvastはWindows Defenderよりウイルス検出率などの性能が高いため、ウイルスに感染するリスクを減らすことができます。

ノーノちゃん

YouTube見るぐらいしかパソコンを使ってないけどAvast入れた方がいいの?
その程度ならWindows Defenderで大丈夫です。ただし、ネットショッピングやパソコンで個人情報を扱っている方はAvastを入れておいた方が良いかもしれません。

ぶたさん

Windows Defenderだけで大丈夫?

個人でパソコンを使用する際のセキュリティ対策はWindows Defenderだけで大丈夫という意見をよく見かけますよね。

結論から言うと、個人で軽くパソコンを使う程度の方はWindows Defenderだけでも問題ありません。

ただし上記でもお伝えしましたが、ネットショッピングなど個人情報をやりとりしているからは、Windows Defenderだけでは少し心許ないかもしれません。

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
【全解説】Windows Defenderだけで大丈夫?設定や有効化の方法についても解説!【全解説】Windows Defenderだけで大丈夫?設定や有効化の方法についても解説!

併用しても大丈夫?

Windows DefenderとAvastは併用することができます。

たとえば、Avastのウイルス対策機能とWindows Defenderのファイアウォール機能を組み合わせて使うことが可能です。

ただし、同じ機能を併用することはできません。具体的に言うと片方のウイルス対策機能を有効にすると、もう片方の機能は自動的に無効化される仕組みになっています。

AvastからWindows Defenderに切り替えたい

残念ながらAvastからWindows Defenderに切り替える方法はありません。

Windows Defenderを使いたい場合はavastをアンインストールしましょう。

Avastアンインストール完全削除方法

1

メニューを開く

画面左下のWindowsマークをクリックしてメニュを開きます。
Windowsマークをクリック

2

全てのアプリを開く

「すべてのアプリ」をクリックします。
全てのアプリをクリック

3

Avastを選択

「Avast Free Antivirus」にカーソルを合わして、右クリックを押しアンインストールをクリックします。
avastを選択して右クリックし、アンインストールをクリック

4

アンインストールを選択①

「Avast Free Antivirus」右側にある「・・・」マークを押し、アンインストールをクリックします。
avastアンインストールをクリック

5

アンインストールを選択②

「このアプリとその関連情報がアンインストールされます」と表示されたらアンインストールをクリックします。
アンインストールをクリック

6

アンインストールを選択③

Avastが起動されたらアンインストールをクリックします。
スキップおよびアンインストールをクリック

7

アンインストール

「スキップおよびアンインストール」をクリックすればアンインストール完了です。
アンインストールをクリック

1

アンインストーラーを入手

下記の公式サイトからアバスト無料アンチウイルスのアンインストールツールをダウンロードします。

2

管理者として実行

ダウンロードした「avastclear.exe」を右クリックして管理者から実行をクリックします。
「avastclear.exe」を管理者で実行する

3

変更を許可する

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可します」と表示されたら「はい」をクリックします。
はいをクリック

4

セーフモード実行する

セーフモード下でアンインストールツールを実行する場合は「はい」をクリックします。
はいをクリック

補足
Avastを完全に削除したい場合は、必ずセーフモード下でアンインストールツールを実行するようにしてください。
5

再起動する

「今すぐコンピューターを再起動しますか?」と表示されるので「はい」をクリックしてください。
はいをクリック

6

ファイルの場所を確認

Avastがインストールされている場所とバージョンを確認して、間違いなければ「アンインストール」をクリックします。
アンインストールをクリック

7

続行を選択

「続行しますか?」と表示されるので「はい」をクリックします。
はいをクリック

8

完全削除完了

「コンピューターを再起動する」をクリックすればAvastの完全削除が完了です。
コンピューターを再起動するをクリック

4. まとめ

【比較】Windows DefenderとAvastどっちが良い?併用しても大丈夫も解説!まとめ

以上がWindows DefenderとAvast(アバスト無料アンチウイルス)どちらが良いかについての解説になります。

セキュリティ対策ソフトウェア評価機関が公表しているデータを見ると、Windows DefenderよりAvastの方がテスト数値が良いので、性能の高さで選ぶならAvastが良いでしょう。

両ソフトの併用については、Avastのウイルス対策機能とWindows Defenderのファイアウォール機能を組み合わせるような使い方なら可能です。