未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

Lightroomのカタログとは何?イラストで使い方を解説

Lightroomのカタログとは何?イラストで使い方を解説

Lightroom Classicのカタログとは、写真管理・編集のデータが詰まっているファイルになります。

このページでは、カタログについてイラストでわかりやすく解説しています。

補足
Lightroomは2種類あり、カタログはPC用の「Lightroom Classic」で覚える知識になります。
・Lightroom(クラウド型)
・Lightroom Classic(PC用)

こちらのページでLightroomとLightroom Classicの違いを解説しています。

ノーノちゃん

カタログは意味がわからなくて、みんながつまずくよね。
わかりにくい用語ですが、これを理解するとLightroom Classicが使いやすくなります。

コヤくん

1. カタログとは?

カタログは、写真の保管場所や編集内容を記録するデータベースファイルになります。

例えると「書庫」のようなもので、Lightroomで取り扱う情報が書き込まれることになります。

そしてLightroomは、毎回このカタログを読み込んでから起動する仕組みになっています。

Lightroomカタログ

ユーザーがLightroomを使う度に、レタッチした内容や写真の情報が書き込まれ、カタログのサイズは大きくなっていきます。

補足
PCに保存されている写真は、カタログには入りません。

ノーノちゃん

なんでカタログというのが必要なの?
それは、次のメーカー純正ソフトと比べるとわかりやすいですよ。

コヤくん

カタログ方式のメリット

Lightroomはカタログ方式になっていることで、編集のメリットがあります。

カメラに付属するメーカー純正の現像ソフトと比較してみます。

補足
メーカー純正の現像ソフトは、以下のような種類があります。

  • キヤノン:Digital Photo Professional 4(DPP)
  • ニコン:Capture NX-D
  • ソニー:Imaging Edge

メーカー純正の現像ソフト

Lightroom純正ソフトとの違い

一般的な現像ソフトは、PC内の写真を直接読み込んでレタッチを行います。

当然ですが編集結果は反映されるので、写真は変化した状態で保存されます。

Lightroom Classic

Lightroom純正ソフトとの違い

Lightroom Classicはカタログという仕組みにより、仮想の画像イメージ(プレビュー画像)をレタッチをします。

そのため元写真には触れない非破壊編集となり、何回でもやり直すことができるのが特徴です。

またカタログはバックアップができるので、PCを入れ替えた場合でも過去のレタッチ内容を残すことができます。

カタログ方式のメリット
  • 非破壊編集ができる
  • 何回でもやり直しができる
  • 編集をバックアップできる

ノーノちゃん

カタログがあるから、レタッチがしやすいと言われるんだね。
編集操作を全て記録してくれるのは、すごいと思います。
次は、カタログの中身についてご紹介します。

コヤくん

2. カタログの場所と構造

カタログはPCのどの場所にあるのか、どんなファイルが入っているのかをご紹介します。

初期設定では、Windows・Macともにピクチャフォルダに作成されることになります。

1

ピクチャフォルダを開く

スタートメニューからピクチャをクリックします。※Windowsでの例になります。
Lightroomピクチャフォルダ

2

カタログの場所

ピクチャフォルダが開き、「Lightroom」という名前のカタログ用フォルダができています。
Lightroomカタログ保存場所
Lightroomフォルダを開くと、その中にカタログが入っています。

※初回起動時のカタログ名は「Lightroom」になります。

カタログ用フォルダの構成

上記のカタログ用フォルダの中身は、このようになっています。
※新規カタログ作成時にカタログ名を任意で決めることができます。

◯◯◯.lrcat カタログファイル
※上の画像では拡張子の.lrcatは表示されていません。
◯◯◯ Previews.lrdata プレビュー画像フォルダ
◯◯◯ Helper.lrdata キャッシュファイル
◯◯◯.lrcat.lock 起動中のみ表示されるフォルダ
◯◯◯.lrcat-wal 起動中のみ表示されるフォルダ

たくさんあってややこしいですが、重要なのはカタログファイルの「◯◯◯.lrcat」とプレビュー画像フォルダの「◯◯◯ Previews.lrdata」の2つになります。

あとは一時的なデータなので、あまり考えなくても大丈夫です。

プレビュー画像フォルダは読み込む写真が増えるほど重くなり、数十GBになることもあります。

そのため、カタログを置く保存場所は十分な空き容量が必要になります。

補足
使い方によって、プリセットが含まれる「Lightroom設定フォルダ」や「Smart Previewsフォルダ」が作られることもあります。

ノーノちゃん

カタログのフォルダって、なんだか複雑だね。
全部覚えなくても大丈夫ですが、プレビュー画像フォルダの影響でカタログのサイズが大きくなることは覚えておいてください。

コヤくん

3. カタログに入っているもの

カタログは書庫のようなものとお伝えしましたが、具体的に何が記録されているのかをまとめてみます。

Lightroom カタログファイル

カタログには、大きく分けるとこのようなデータが入っています。

カタログファイルの中身
  1. 写真の保管場所
  2. メタデータ
  3. Lightroomの編集記録

それぞれについて解説していきます。

①写真の保管場所

カタログはPC内の写真の場所を参照することで、Lightroom上に画像を表示させています。

例えば、「Dドライブ」の「写真」フォルダに入っている写真であれば、読み込む際に構成をそのまま参照します。

Lightroomカタログ参照

カタログ内には、この「写真」フォルダの構成が記録されることになります。

そのため、もしPC内の操作で「写真」フォルダを別のHDDに移動させたり、名前を「写真2」などに変更すると、Lightroomは参照できなくなりエラー表示が出てしまいます。

補足
基本的にはLightroom Classicに読み込んだ後は、PC内の写真フォルダには触れないことがポイントです。

②メタデータ

Lightroomはメタデータという、情報セットをカタログに記録します。

Lightroomカタログ-メタデータ

メタデータは、以下のような情報になります。

  • 絞り値・ISO感度・シャッター速度などの撮影情報(Exif)
  • カメラ・レンズ型名
  • 著作権情報
  • 現像情報
  • GPSデータ
  • レーティング
  • カラーラベル
  • キーワード
  • 説明

カタログにこれらの情報が記録されることで、Lightroom Classicのキーワード検索・カメラの型番検索などで写真を探すことができます。

③編集記録

Lightroomは、色調整や明るさ変更など編集内容をカタログに記録します。

イメージとしては、このようになります。

Lightroomカタログ編集

Lightroomの編集は、あくまでカタログに編集の指示を記録するだけになります。

そのため数回前の編集に戻ったり、編集をキープするような使い方もできます。

最終的にレタッチが終わって書き出しをする場合は、写真を読み込み、編集指示を与えてからJPEGなどに出力することになります。

ノーノちゃん

カタログは、いろんな情報とか役割があるんだね。
特に、写真の保管場所が記録されていることは重要になります。

コヤくん

4. 複数作成ができる

カタログは1つだけでなく、複数作ることもできます。

特にプロカメラマンのように大量の写真を管理する場合に、カタログを年単位や仕事の案件ごとに分ける運用をされることがあります。

Lightroomカタログ複数

このように複数に分けると、例えば2020年分の写真に絞ってLightroomを開く使い方ができます。

複数のカタログを作る使い方は、このようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • カタログごとに写真を整理できる
  • Lightroom Classicの動作を軽くする
デメリット
  • カタログごとの起動となる
    (他のカタログを開くにはLightroomの再起動が必要)
  • 写真の検索はカタログごとにしかできない

大量の写真を扱う場合はLightroom Classicの動きも重くなるので、カタログを分けることで管理しやすくなります。

ただ全体を把握するのが難しくなるので、Adobeも公式サイトで専門的なワークフロー以外は1つのカタログ運用を推奨しています。

これからLightroomを始める場合は、まずは1つのカタログで運用することをおすすめします。

ノーノちゃん

いくつもカタログを作るのは、難易度が高そうだね。
そうですね。ただ運用方法は人それぞれなので、慣れれば自分に合う使い方を探すのもよいと思います。

コヤくん

5. よくある質問

カタログの名前は、後から変更することができます。

変更は以下のファイルを同じ名前に揃えることが条件になります。
(その他のフォルダが出来ている場合も、同じ名前に揃えます。)

  • カタログファイル
  • プレビュー画像ファイル
  • キャッシュファイル

ここでは例として、「Lightroom」を「Lightroom-α7III」へ変更してみます。

1

カタログ用フォルダ名を変更

まずLightroom Classicを終了します。

ピクチャフォルダを開き、カタログ用フォルダ名を「Lightroom-α7III」に変更します。
※カタログ用フォルダは別の名前でもよいですが、内部のファイルと揃えておいた方がわかりやすいです。
Lightroomカタログ名前変更
変更後はフォルダを開きます。

2

詳細表示にする

Lightroomカタログ名前変更

右下にある表示方法にしてくと、文字が横並びになり見やすくなります。※Windowsの場合

3

ファイル名変更

3つのファイル名を「Lightroom-α7III」に変更します。
Lightroomカタログ名前変更

ポイントは、「Lightroom-α7III」の後に半角スペースを空けておくことです。
この部分は初めから半角スペースが空いているので、同じように記述します。

4

Lightroom起動

変更したカタログファイルをダブルクリックして、Lightroomを起動します。

ここから起動することで、次回からこのカタログが開くようになります。

Lightroom Classicを起動した際、「Lightroom カタログが見つかりません」と表示された場合、読み込むカタログを指定することで解決できます。

1

エラー表示

「別のカタログを選択」をクリックします。
Lightroom Classicカタログ場所指定

2

カタログ選択

希望のカタログを選択して、「表示」をクリックします。
Lightroom Classicカタログ場所指定

※この一覧に開きたいカタログがない場合、左下の「別のカタログを選択」からカタログを探します。

別のカタログを作成した際などに、古いカタログを捨てることができます。

Lightroom Classicを終了している時に、不要なカタログフォルダをゴミ箱に入れます。

Lightroomカタログゴミ

PC内の元写真は削除されませんが、古いカタログの編集記録やレーティングなどは全て削除されます。

カタログを削除してLightroom Classicアイコンから起動すると、「Lightroom カタログが見つかりません」と表示されることがあります。

Lightroom Classicカタログ場所指定

その場合は別のカタログを選択してLightroom Classicを起動します。

Lightroom Classicカタログ場所指定

Lightroomプランの場合、写真管理は全てクラウドを活用するため、Lightroom Classicのようなカタログは作られない仕組みになっています。
(クラウドにアップロードする写真のフォルダは作られます)

Lightroom ClassicとLightroomとの違い

Lightroom Classicを使う場合は、フォトプランの契約が必要になります。

Lightroomのプラン比較はこちら
Lightroomのおすすめ料金プランはどれ?PCかスマホで選ぶだけ!Lightroomのおすすめ料金プランはどれ?PCかスマホで選ぶだけ!

6. まとめ

Lightroom Classicのカタログの存在は、初めての方には少し難しくなっています。

ただレタッチを楽しむにはカタログは欠かせないので、仕組みをイメージを理解しながらLightroomを使ってみてください。

Lightroomカタログのまとめ
  • Lightroom Classicはカタログの情報をもとに起動する
  • 写真はカタログに入らない
  • カタログには写真の保管場所や編集が記録される
  • レタッチを何度でもやり直しできる