未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

カメラのイメージセンサーとは?サイズの比較一覧表あり

イメージセンサー(撮像素子)とは?サイズの比較一覧表あり

イメージセンサー(撮像素子)にはサイズの違いで、「フルサイズ」や「APS-C」など様々な種類があります。

一眼レフ初心者の方には難しい用語ですが、様々な場面で使われるので必ず覚えておく必要があります。

このページではイメージセンサーの種類一覧表と、大きなセンサーのメリット・デメリットをまとめています。

ノーノちゃん

APS-Cって名前の意味がわからないし、聞くだけで難しいよ。
カメラのカテゴリーの一種になります。図で解説しているので確認してくださいね。

コヤくん

1. イメージセンサーとは?

イメージセンサーはレンズからの光を受け取るパーツになります。

例えると、フィルムカメラの「35mmフィルム」のような役割があります。

イメージセンサーはシャッター幕の後ろに位置していて、シャッターを切るとシャッター幕が開いて光が当たります。

イメージセンサーの位置

イメージセンサーは大きさの違いで種類があり、それぞれ特徴があります。

イメージセンサーの特徴

イメージセンサーが大きくなるほど、画質は良くなりますが、カメラの価格は高くなります。

補足
イメージセンサーは別名「撮像素子(さつぞうそし)」、「CMOS(シーモス)」などとも呼ばれています。

イメージセンサーのサイズ比較表

デジタルカメラのイメージセンサーは種類によって大きさが異なります。

イメージセンサー比較

面積は中判が一番大きく、フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズと続いています。

一眼レフ・ミラーレス

イメージセンサー比較表

イメージセンサー比較表

APS-Cには2種類あり、キヤノンのAPS-Cはわずかに小さいサイズとなっています。

またフルサイズ・APS-Cの縦横比率は「3:2」ですが、マイクロフォーサーズは正方形に近い「4:3」となっています。

また一眼カメラ以外では小さいサイズのイメージセンサーがあります。

小型カメラ

イメージセンサー比較表

高級コンパクトカメラや一般的なコンパクトカメラ、またスマートフォンに採用されているイメージセンサーになります。

センサーが小さいのでカメラを小型化できますが、画質面では劣ります。

ノーノちゃん

いいカメラを買うなら、センサーの大きなフルサイズを選べばいいの?
画質ではフルサイズが有利ですが、重さや予算も変わります。次はそれについて解説します。

コヤくん

主なイメージセンサーは3種類

レンズ交換ができる一眼カメラで、主流となっているイメージセンサーは以下の種類になります。

イメージセンサー3種類
  • フルサイズ
  • APS-C
  • マイクロフォーサーズ

この中ではフルサイズが一番大きく、マイクロフォーサーズが小さいイメージセンサーになります。

マイクロ フォーサーズAPS-Cフルサイズカメラが小さくなるカメラが大きくなる
センサーが大きくなるほどカメラは大型化して予算も高額になります。

どのイメージセンサーを選択するかによって、使うカメラの大きさ・予算が変わってきます。

ノーノちゃん

イメージセンサーの違いで、選ぶカメラが変わってくるんだね。
はい。そのためイメージセンサーの種類を知っておくことは大切です。一覧表をご紹介します。

コヤくん

2. センサーが大きいメリット

イメージセンサーが大きいカメラは、主に画質面で有利になります。

センサーが大きな場合のメリットを3つご紹介します。

3つのメリット
  1. ボケ量
  2. 高感度画質
  3. ダイナミックレンジ

①ボケ量

同じ位置から写す場合、イメージセンサーが大きいほどボケ量は大きくなります。

ボケ量の差
フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ

単焦点レンズを使い、それぞれF1.8で撮影した写真を比較してみます。

APS-C

APS-Cのカメラのボケ比較
APS-Cでもある程度ボケています。

フルサイズ

フルサイズのカメラのボケ比較
フルサイズはさらに大きくボケています。

大きなボケ量を楽しみたい場合はフルサイズが有利になります。

②高感度画質

暗い場所で手持ち撮影をする場合、ISO感度を上げて撮影することになります。

その場合、イメージセンサーの大きさで画質が変わります。

高感度画質の差
フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ

薄暗い室内で、APS-Cとフルサイズの高感度(ISO6400画質)を比較してみます。

高感度画質の比較フルサイズ-APS-C-マイクロフォーサーズ
この部分を拡大して画質比較します。

高感度ISO6400画質の比較フルサイズ-APS-C-マイクロフォーサーズ

センサーサイズの小さいマイクロフォーサーズはISO感度が高くなると発色が悪くなり、画質低下が大きくなっています。

APS-Cとフルサイズは近い画質ですが、APS-Cの方が少し画質低下が起きています。

フルサイズは色が濃く、まだ文字もくっきりしています。

ISO感度についてはこちらで解説しています。
ISO感度とは?目安の数値や設定方法をわかりやすく解説ISO感度とは?目安の数値や設定方法をわかりやすく解説

③ダイナミックレンジ

ダイナミックレンジとは白~黒の明暗差をいいます。

センサーの小さいカメラほど明るい部分を写すのが苦手で、センサーの大きなカメラは有利になります。

ダイナミックレンジの差
フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ
ダイナミックレンジ比較
明るすぎる部分は白とびになっています。

ひと目でわかるほどの大きな差ではありませんが、フルサイズであれば小さいセンサーよりこの白とび部分が発生しにくく、レタッチでも明るさを調整しやすくなります。

ノーノちゃん

やっぱり、画質ではフルサイズが一番いいね。
ボケは大きいですし、暗い場所での画質が綺麗ですね。

コヤくん

日中の画質差はわかりにくい?

画質面でフルサイズが有利とご紹介しましたが、それは暗所など特定シーンでの画質差になります。

日中の撮影では解像感は使用するレンズの影響も大きいので、センサーサイズによる画質差はわかりにくくなります。

風景撮影-APS-Cの画質比較
APS-C(ニコンD3400)での風景撮影になります。
風景撮影-フルサイズの画質比較
同じレンズを使い、フルサイズ(ニコンD750)で撮影した写真です。

どちらの写真を拡大しても綺麗に写っていることがわかります。

ノーノちゃん

あれ?ふだんの写真だと画質差はわからないんだ。
一目ではわかりにくいですね。解像感に関してはフルサイズでもレンズの影響が大きくなります。

コヤくん

3. センサーが大きいデメリット

画質面では有利なフルサイズですが、使い勝手では3つのデメリットがあります。

3つのデメリット
  1. 望遠が弱い
  2. サイズ・重さ
  3. 予算

①望遠が弱い

同じ焦点距離で撮影した場合、フルサイズよりもセンサーの小さいAPS-Cやマイクロフォーサーズの方が拡大されて写ります。

そのためフルサイズで大きく写すには不利になります。

望遠が弱い順番
フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ
理由
レンズからカメラに入った景色を、イメージセンサーの大きさで切り取って写真になるため、センサーが小さいカメラほど一部を拡大した写真になります。

ノーノちゃん

フルサイズって一番いいカメラなのに、望遠が苦手なの??
はい。イメージとして、望遠レンズを使った写真の比較をご紹介します。

コヤくん

フルサイズ

フルサイズで焦点距離200mmで撮影
フルサイズの200mm望遠レンズは大きくなります。そしてフルサイズなのでレンズに書かれた焦点距離の広さで写ります。
フルサイズの写真
フルサイズの焦点距離200mmで撮影した大きさになります。

APS-C

aps-c機で焦点距離200mm
APS-Cの場合は焦点距離の約1.5倍相当の広さで写ります。
aps-c機の写真
APS-C機の焦点距離200mmで撮影すると、実際には300mm相当の広さで写ります。

マイクロフォーサーズ

マイクロフォーサーズ機で望遠撮影
マイクロフォーサーズの場合は焦点距離の2倍相当の広さで写ります。
マイクロフォーサーズでの飛行機撮影
マイクロフォーサーズの焦点距離200mmで撮影すると、実際には400mm相当の広さで写ります。

このように同じ焦点距離でもセンサーが小さいカメラほど大きく写ります。

ただ逆に言うと同じ焦点距離でもフルサイズの方が広く写せる、とも言えます。

APS-Cとマイクロフォーサーズの焦点距離を、フルサイズに置き換えることを「35mm換算」といいます。

焦点距離についてはこちらで解説しています。
レンズの焦点距離・画角をわかりやすく解説レンズの焦点距離・画角をわかりやすく解説

35mm換算についてはこちらで解説しています。
【35mm換算】とは?焦点距離の倍率と計算方法を解説!【35mm換算】とは?焦点距離の倍率と計算方法を解説!

②サイズ・重さ

イメージセンサーごとのカメラの重さ
フルサイズは大きく、マイクロフォーサーズは小型になります。

おおまかな重さはこのようになります。

  • フルサイズ+標準ズームレンズ:
    1.5kg程度
  • APS-C+標準ズームレンズ:
    1kg程度
  • マイクロフォーサーズ+標準ズームレンズ:
    500g~1kg程度

フルサイズほどボディが重く、またレンズも大きく重くなります。

近年はフルサイズもミラーレス化が進んでいてボディは少し軽くなりましたが、フルサイズ用レンズは重量があるので重さではデメリットになります。

総重量の大きな順番
フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ

③予算

イメージセンサーごとの予算
フルサイズはレンズも含めて予算が必要になります。

おおまかな予算はこのようになります。

  • フルサイズボディ+レンズ:
    30万円~50万円程度
  • APS-C+レンズ:
    10万円程度~
  • マイクロフォーサーズ+レンズ:
    10万円程度~

価格は機種のランクやレンズにもよりますが、フルサイズはボディもレンズもAPS-Cなどより高額になります。

予算がかかる順番
フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ

ノーノちゃん

フルサイズ一眼で遊ぶなら、かなりのお小遣いが必要なんだね!
はい。そのため予算と使い方に合わせて一眼レフのイメージセンサーを選択するのがベストです。

コヤくん

4. イメージセンサーについてのまとめ

選ぶイメージセンサーの大きさによって、カメラの大きさ・予算が変わってきます。

後から所有レンズも全て入れ替えるのは大変なので、自分に合ったイメージセンサーを選びましょう。

まとめ
  • イメージセンサーは35mmフィルムの役割がある
  • イメージセンサー選びでカメラのカテゴリーが決まる
  • センサーが大きいと暗い場所でノイズが出にくい
  • センサーが大きいとボケ量が大きい
  • センサーが大きいとカメラが大きく重たくなる
  • フルサイズ一眼は予算50万円程度で予算が高い

イメージセンサーを理解するにはこちらの用語も重要になります。
レンズの焦点距離・画角をわかりやすく解説レンズの焦点距離・画角をわかりやすく解説 【35mm換算】とは?焦点距離の倍率と計算方法を解説!【35mm換算】とは?焦点距離の倍率と計算方法を解説!