未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

Lightroom【スマートプレビュー】作成と削除方法を解説!

Lightroom Classic スマートプレビュー

Lightroom Classicのスマートプレビューは、ノートPCを持ち出すユーザーに便利な機能です。

外出時でも編集ができるので、外でLightroom Classicを使いたい方におすすめです。

このページでは、スマートプレビューの使い方や削除方法を解説しています。

ノーノちゃん

スマートプレビューは便利だと聞くから、気になっていたよ。
持ち物が軽くなりますし、PCの負担も軽くなりますよ。

コヤくん

1. スマートプレビューとは

スマートプレビューは、サイズの小さい編集用画像を作成する機能になります。

例えばノートPCを外に持ち出す際、通常は写真フォルダのある外付けHDDも一緒に持っていく必要があります。

しかし、スマートプレビューを作成しておけば外付けHDDがなしでもLightroom Classicで編集ができるようになります。

Lightroom Classicスマートプレビュー

外出時にスマートプレビューを編集し、帰宅して外付けHDDを接続すると、(スマートプレビューではない)Lightroom Classicの元写真に編集が適用されます。

サイズの小さいDNG形式

スマートプレビュー画像は、Adobe社が開発したDNG形式というデータになっていて、一般的なRAW形式よりサイズが軽いことが特徴です。

またスマートプレビューは解像度が小さく、長辺2560ピクセル、約400万画素の画像として作られます。

Lightroom Classicスマートプレビュー

約400万画素のため、1枚当たりのサイズは1MB前後と軽く、PC側に保存しても容量負担は小さくなります。

また性能が低いパソコンでも、スマートプレビューで編集することで処理を軽くすることができます。

スマートプレビューの保存場所

スマートプレビューを作成すると、ピクチャのカタログ用フォルダの中に「Smart Previews」フォルダが作られます。

Lightroom Classicスマートプレビュー保存場所

そして「Smart Previews」フォルダの中に、作成したスマートプレビュー画像が入ることになります。

そのため、スマートプレビューの枚数が多いとカタログサイズに影響します。

例えばスマートプレビューを1万枚作成すると、カタログサイズはそれまでより10GBほど大きくなることになります。(元写真が2400万画素の写真の場合)

注意
スマートプレビューを使うには、初期設定のままカタログがPC側にあることが条件になります。
カタログを外付けHDDに移動させている場合は使えません。

Lightroomカタログの保存場所はこちらで解説しています。
Lightroomカタログの保存場所は?外付けHDDの移動方法も解説Lightroomカタログの保存場所は?外付けHDDの移動も解説

ノーノちゃん

スマートプレビューを使ったら、家にいるような感覚で外でレタッチできるね。
はい。便利で面白い機能だと思います。

コヤくん

2. スマートプレビューの作成方法

ここでは、Lightroom Classicにある読み込み済みの写真から、スマートプレビューを作成する手順をご紹介します。

1

写真選択

まず日付フォルダを選択し、写真を複数枚、または全選択(日付フォルダ内の全てを選択)します。

右のステータスアイコンは、写真枚数のあるアイコンをクリックします。

Lightroom Classicスマートプレビュー

全選択と全解除のショートカットキーを覚えておくと便利です。

複数枚を選択した際に表示されるステータスアイコンの意味は、このようになっています。

Lightroom Classicスマートプレビューステータスアイコン

選択枚数が1枚の場合は、右側の「元の写真」をクリックします。
Lightroom Classicスマートプレビュー
選択枚数が1枚でも複数でも、次からの手順は同じになります。
2

作成ウインドウ

上記の操作をすると、スマートプレビュー生成ウインドウが開きます。
Lightroom Classicスマートプレビュー

作成する枚数を確認して、「スマートプレビューを生成」をクリックします。

3

生成中

左上に進行バーが表示されます。

Lightroom Classicスマートプレビュー

ここでは約350枚を選択していて、生成には約3分かかりました。

4

生成完了

スマートプレビューができると、ウインドウが表示されます。

Lightroom Classicスマートプレビュー

少しわかりにくい日本語になっていますが、このまま「OK」をクリックします。

5

表示

スマートプレビューが作成されると、右側のヒストグラムの下に「元の写真+スマートプレビュー」と表示されます。

Lightroom Classicスマートプレビュー

写真読み込み時に作成

Lightroom Classic上の写真からではなく、写真の読み込み時にもスマートプレビューを作成することができます。

操作は簡単で、読み込みウインドウの右側にある、「スマートプレビューを生成」にチェックを入れるだけになります。

Lightroom Classicスマートプレビュー

例えば、いつもノートPCを持ち出してLightroom Classicで編集する場合は、読み込み時に全ての写真をスマートプレビュー化しておくと便利です。

ノーノちゃん

スマートプレビューの作成は、かなり簡単だね。
はい、すぐに作れますよ。次は最後までの流れをご紹介します。

コヤくん

3. 使用方法と流れ

ここでは、スマートプレビューを作成した後の流れをまとめています。

1

外出

スマートプレビューの作成が終わったら、ノートPCを外へ持ち出すため外付けHDDを外します。
Lightroom Classicスマートプレビュー

2

外出時に編集

外付けHDDが接続されていない状態でLightroom Classicを起動すると、写真にスマートプレビューアイコンが付きます。
Lightroom Classicスマートプレビュー

スマートプレビューを作成していない写真は、外付けHDDとリンクが切れるので「?」や「!」が付いて編集できなくなっています。
Lightroom Classicスマートプレビュー

3

編集

スマートプレビューを1枚レタッチしてみました。
夕日のオレンジ色を強めています。
Lightroom Classicスマートプレビュー

補足
・スマートプレビュー画像は拡大が最大50%表示となります。
・スマートプレビュー画像の状態でJPEGに書き出すこともできます。その場合長辺2560ピクセル、約400万画素の画像となります。
4

帰宅

帰宅して外付けHDDを接続します。
Lightroom Classicスマートプレビュー

5

読み込みウインドウ

場合により読み込みウインドウが表示されますが、キャンセルしてウインドウを閉じます。
Lightroom Classicスマートプレビュー

6

編集が適用

しばらく待つと、Lightroom Classic上の元写真にレタッチが自動で適用されます。
Lightroom Classicスマートプレビュー

ノーノちゃん

実際に使っているかのように、理解できたよ。
はい。最後に、スマートプレビューの削除を説明しますね。

コヤくん

4. 削除・破棄方法

編集が終わったスマートプレビューは不要になるので、削除しておきます。

1

選択

スマートプレビュー化している写真を選択します。
ここでは複数枚を選択していて、右側のステータスアイコンをクリックします。
Lightroom Classicスマートプレビュー

2

破棄

「スマートプレビューを破棄」をクリックします。
Lightroom Classicスマートプレビュー

3

破棄完了

スマートプレビューが破棄されると、右側のステータス表示が「元の写真」に戻ります。
Lightroom Classicスマートプレビュー

これでカタログ内にあるスマートプレビューフォルダ内が削除され、カタログサイズを軽くすることができます。

ノーノちゃん

帰宅して外付けHDDをつないでも、スマートプレビューは消えないんだね。
はい。もう外で編集しない場合は削除しておきましょう。

コヤくん

5. 低スペックPC向け

スマートプレビューは外出時の用途だけでなく、通常の編集で使うとPCに負荷をかけずに編集できるメリットもあります。

例えばノートPCなどでスペックが不足していて現像が重い場合に、画像をスマートプレビュー化すると動作が速くなります。

通常の編集でスマートプレビューを使うには、設定を行います。

1

環境設定

「編集」-「環境設定」をクリックします。

Lightroom Classicスマートプレビュー

2

設定

「パフォーマンス」タブにある、「画像編集には、元画像の代わりにスマートプレビューを使用」にチェックを入れます。

Lightroom Classicスマートプレビュー

Lightroomを再起動すると、自宅のPCでもスマートプレビューを編集することができます。

6. まとめ

スマートプレビューは、ノートPCを持ち出すユーザーにはとても便利な機能となっています。

外出前に予めスマートプレビューを作成する必要はありますが、操作も簡単なのですぐに使いこなせると思います。

まとめ
  • 外でもLightroom Classicで編集できる
  • スマートプレビューは約400万画素のDNGファイル
  • 帰宅すると元の写真に編集が適用される
  • 編集したスマートプレビューは削除しておく