未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

【UpdraftPlus】WordPressを丸ごとバックアップ復元できるプラグイン

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

一番有名なWordPressバックアッププラグインといえばBackWPupですが、設定や復元方法がとても難しいです。

そこで今回は初心者の方でも簡単にバックアップや復元できる「UpdraftPlus(アップドラフトプラス)」を紹介していきます。

ノーノちゃん

簡単といっても、復元する時によく分からないソフト(FTPソフト)使わないと駄目なのでは?
大丈夫です。UpdraftPlusでは「バックアップ」「復元」「削除」などすべての作業をプラグイン内で完結できるので初心者の方でも簡単に使えます。

ぶたさん

1. インストール方法

それではインストール手順を見ていきましょう。

1

新規追加する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

2

「UpdraftPlus」で検索

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

3

インストールする

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

4

有効化する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

5

起動する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

6

完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

2. 設定画面の見方

ここからは設定の各項目を説明していきます。

スケジュール

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 設定

ファイル、データベースのバックアップをするスケジュールが選べます。

デフォルトでは「1日」ですが「手動」に設定することをおすすめします。

補足
バックアップファイルのサイズが大きいため、自動でバックアップするとストレージ(又はサーバー)の容量が圧迫されます。
 
容量に余裕がない限りは、手動に設定しておきましょう。
WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 ローカル

保存先を選択

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 設定

保存先が選べます。

有料版ではすべて使えますが、無料版は「Dropbox」「GoogleDrive」「Amazon S3」「Rackspace」のみとなっています。

注意
保存先を選択していない場合、バックアップがすべてサーバーに保存されます。

そのため、何度もバックアップするとサーバーがパンクしてしまう可能性があります。

安全のため、保存先をDropboxかGoogleDriveに変更することをオススメします。

バックアップするファイル

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 設定

バックアップしたいファイルが選べます。

よくわからない場合は、チェックしなくても構いません。

データベース暗号化フレーズ

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 設定

データを暗号化したい場合に使います。

※無料版では使えません。

メール

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 設定

お知らせメールの設定です。

チェックすると、バックアップ完了のメールが送られてきます。(サイト設定のアドレスに送られてきます)

バックアップできているか不安な方はチェックを入れておきましょう。

エキスパート設定

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 設定

エキスパート設定では、細かい設定ができます。

通常で使う場合は、とくに設定する必要はありません。

3. 使い方

ここからは使い方の説明をしていきます。

バックアップ方法

それでは実際にバックアップをとっていきましょう。

1

UpdraftPlusを実行

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

2

今すぐバックアップをクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ方法 使い方

3

バックアップを実行

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ方法 使い方

4

バックアップ成功画面

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ方法 使い方

5

バックアップ完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ方法 使い方

バックアップ日付が合っているか確認しましょう。

ぶたさん


復元方法

復元方法は非常に簡単です。たった6ステップで復元完了します。

1

UpdraftPlusを実行

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

2

復元をクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

3

チェックを入れて復元

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

4

復元をクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

5

復元開始

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

6

完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

注意
「Restore successful!」が表示されるまでページを閉じないでください。

削除方法

削除方法を説明していきます。

1

Backup/Restoreをクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

2

削除をクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 削除

3

削除する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 削除

4

OKをクリックして完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 削除

4. 【重要】保存先を変更

保存先を選択していない場合、バックアップがすべてサーバーに保存されます。

何度もバックアップを取るとサーバーを圧迫してしまいますので、保存先を変更することをオススメします。

ここではDropbox、GoogleDriveに変更する方法を紹介しています。

①Dropboxに変更する場合

保存先をDropboxに変更するために認証をしていきましょう。

認証方法は簡単なので2分もかからず完了します。

1

Dropboxにログインする

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox

2

設定を開く

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox

3

Dropboxを選択

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox

4

認証する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox

5

許可する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox

6

Complete Setupをクリックで認証完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox

7

設定を保存する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

ノーノちゃん

認証するとDropbox内のすべてのファイルが覗かれるみたいな心配はないの?
アプリの権限が制限されていますので大丈夫ですよ。

ぶたさん

補足
Dropboxのサイトで「設定→リンク済みアプリ」から「Dropbox にアクセスできる権限」を確認できます。
WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox 認証

Dropboxに保存する方法

1

Backup/Restoreをクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

2

今すぐバックアップをクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ方法 使い方

3

バックアップする

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

4

保存完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox


②GoogleDriveに変更する場合

保存先をGoogleDriveに変更するために認証をしていきましょう。

認証方法は簡単なので2分もかからず完了します。

1

Googleにログインする

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

2

設定を開く

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox

3

GoogleDriveを選択

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

4

認証をクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

5

許可する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive


6

Complete Setupをクリックで認証完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

7

設定を保存する

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

GoogleDriveに保存する方法

1

Backup/Restoreをクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 復元方法 元に戻す

2

今すぐバックアップをクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ方法 使い方

3

バックアップする

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

4

保存完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

5. 無料版と有料版の違い

UpdraftPlusには無料版と有料版(プレミアム版)があります。

無料版の一番のデメリットは「サイトの複製と移行」ができない点です。

例えば、「ロリポップ」「さくらサーバー」から「Xサーバー」「mixhost」などに引っ越ししたい場合は、有料版(プレミアム版)が必須です。

その他にも違いがありますが、ドメインの引っ越しやサーバー移転をしない限りは無料版のままで十分だと思います。

ぶたさん

6. よくある質問

このエラーメッセージは、認証していない保存先を選んだ場合に表示されます。もう一度、認証作業をしてみましょう。
このエラーメッセージは、ほとんどがfunctions.php<?php?>に空白や改行がある場合に表示されます。解決方法は空白や改行を削除すればOKです。

参考:WordPressプラグインのサポートフォーラム(英語)

Dropbox: chunked upload exception (Dropbox_BadRequestException): Error in call to API function “files/upload_session/append:2”

上記のような内容がログに残っていると思います。このログは、API経由でDropboxに接続できなかった場合に起きます。解決方法は設定を再度行えば解決します。

設定方法は「①Dropboxに変更する場合」の項目を参考にしてみましょう。

1

プラグインをクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ インストール方法

2

停止をクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ アンインストール方法

3

削除完了

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ アンインストール方法

1

Dropboxにログインする

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox

2

設定を開く

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox 認証解除

3

リンク済みアプリを開く

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox 認証解除

4

×マークをクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox 認証解除

5

認証解除

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 Dropbox 認証解除

1

Googleにログインする

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive

2

セキュリティを開く

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive 認証解除

3

アクセスを管理を開く

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive 認証解除

4

アクセス権削除をクリック

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive 認証解除

5

認証解除

WordPressプラグイン UpdraftPlus バックアップ 保存先 GoogleDrive 認証解除

7. まとめ

まとめ
  • WEB知識がなくてもすぐ使える
  • プラグイン内ですべて完結できる
  • バックアップスケジュールが選べる
  • 復元方法が簡単
  • 保存先はDropboxかGoogleDriveがおすすめ
  • 無料版でも十分使える
  • ドメインの引っ越しやサーバー移転をしたい場合は有料版