未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

【超初心者向け】2通りのマクロ設置方法を解説

【超初心者向け】2通りのマクロ設置方法を解説

このページでは一度もiMacrosを使ったことない方向けに、「実践編ページ」のマクロ設置方法を解説しています。

当サイトの自動ツールは「1. マクロの中身をコピーして貼り付け」と「2. zipファイルをダウンロードして設置」する方法の2通りあります。

どちらの方法で設置するかは実践編の各ページでご確認ください。

ノーノちゃん

なんで設置方法が2通りあるの?
ファイルが1個しかない場合はコピーして貼り付けで、ファイルが2個以上ある場合はzipファイルを使った方が楽なので分けています。

テイくん

1. マクロの中身をコピーして貼り付け

今回は試しに以下のtest.jsという名前のマクロの設置方法を解説します。

テイラボにアクセスして、上から順番に記事をクリックするだけのテストマクロです。

test.js
/*
Macro Name: test.js
Macro URI: https://teilab.net/imacros-setup/
Author: teilab(テイくん)
Version: 1.0
*/


// -------------------------------------------------
// テイラボにアクセス【macroGoUrl】
// -------------------------------------------------
var macroGoUrl = "CODE:";
macroGoUrl += "URL GOTO=https://teilab.net/" + "\n";
iimPlay(macroGoUrl);


// -------------------------------------------------
// 繰り返し処理開始
// -------------------------------------------------
for (var loop = 1; loop < 4; loop++) {

  // -------------------------------------------------
  // 順番に記事をクリック【macro】
  // -------------------------------------------------
  var macro = "CODE:";
  macro += "SET !REPLAYSPEED MEDIUM" + "\n"; // 速度調節
  macro += "TAG POS="+loop+" TYPE=A ATTR=CLASS:cardtype__link" + "\n";
  macro += "BACK" + "\n";
  iimPlay(macro);
}

※約1分の動画を閲覧後に下記の解説を見ると分かりやすいと思います。

1

ファイル作成

マクロの中身をコピーして貼り付ける場合

#Current.iim」という名前のファイルが作成されます。
マクロの中身をコピーして貼り付ける場合

2

ファイル名の変更

マクロの中身をコピーして貼り付ける場合

マクロの中身をコピーして貼り付ける場合

注意
ファイル名に空白を入れたり、変更すると動かないマクロもあるので、必ず表記されている名前をそのままコピーして貼り付けましょう。
3

マクロの中身を貼り付けて保存

マクロの中身をコピーして貼り付ける場合

マクロの中身をコピーして貼り付ける場合

注意
元データを残したままでマクロの中身を貼り付けると。エラー起きるので必ず上書き保存してください!

2. zipファイルをダウンロードして設置

zipファイルの中身は、上の項目のtest.jsと同じマクロです。

sample.zip


※約1分の動画を閲覧後に下記の解説を見ると分かりやすいと思います。

1

zipファイルを解凍

筆者はLhaplus(無料)で解凍していますがどんなソフトでもOKです。
zipファイルをダウンロードして設置

2

Macrosフォルダに移動

「iMacrosフォルダ」ではなく「Macrosフォルダ」内に移動させます。名前が似ているので注意しましょう。
zipファイルをダウンロードして設置

補足
筆者はGoogle ドライブ内にフォルダ位置を変更していますが、デフォルトはドキュメント(Documents)フォルダにあります。
folderパス

もしFirefox Portableをお使いの方はです。
フォルダーパス

以下のように「Macros」で検索すれば見つかります。
zipファイルをダウンロードして設置
3

確認

iMacrosを開いて移動したsampleフォルダが表示されていればOKです。
zipファイルをダウンロードして設置

iMacrosを開いた状態にしていると新しいファイルが反映されないので、一度閉じてから開き直します。
ファイルが表示されない場合

3. まとめ

基本的に1個しかファイルがない場合は「マクロの中身をコピー&ペースト」で、2個以上ある場合は「zipファイルをダウンロード」するようにしています。

まとめ
  • マクロ名を変更したり空白を入れないようにする
  • 解凍ソフトは何でもOK
  • 設置場所はMacrosフォルダ内