未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

iMacros:無料版と有料版の違いを解説

いMacrosの無料版と有料版の違い

このページでは、無料版と有料版の違いを解説しています。

1番の大きな違いは機能制限があることです。

例えば、「コマンドの行数の制限」「繰り返し回数制限」「!DATASOURCE使用不可」「JavaScript使用不可」などです。

ノーノちゃん

なるほど。無料版なので色々制限があるということだね。
はい!でも実は、無料版で機能制限がないものを使うこともできます。

テイくん

1. 有料版と無料版の違い

まずは下記の表で違いを確認してみましょう。

初心者向け比較表

機能 無料版 有料版
(エンタープライズ版)
ループ回数
(繰り返し再生)
99回まで 99,999回まで
データソース利用
(!DATASOURCEコマンド)
コマンドの行数 50行まで 無制限
JavaScript
タスクスケジューラ
(任意の日時に自動起動)

機能制限の中で重要な項目のみを抜粋しています。

もう少し違いを確認したい場合は、下記を参照して頂ければと思います。
※iMacros初心者の方はスルー推奨です。

中級者向け比較表

各マークの説明
= Google Chromeブラウザ
= Firefoxブラウザ
= iMacros専用ブラウザ
機能 無料版 パーソナル版 プロフェッショナル版 エンタープライズ版
再生
マクロ(.iim)
50行まで
暗号化マクロ(.iimx)
ループ回数 99回 99,999回 99,999回 99,999回
iMacros専用ブラウザ
API経由のiMacros
記憶
マクロ(iim)
50行まで
暗号化マクロ(.iimx)
Popup Manager
他言語
(Flash、Silverlight、Java、Flex)
画像検索/認識
DirectScreen
自動化とテスト
タスクスケジューラ
バッチファイル
バックグラウンドで実行
(Tray)
Scripting Interface
(API)
Windows Scripting Host
(API)
MS Office
Excel VBA Scripting
MS .NET
(VB.NET、C#、J#、ASP.NET)
(API)
すべての言語
(Microsoft COM)
データ入力
CSVファイル
(!DATASOURCE)
TXTファイル
(!DATASOURCE)
データベース
(API)
XMLファイル
(API)
データ抜き出し
抜き出し
(EXTRACT)
iMacros API
サポート
無料 コミュニティフォーラム(英語)
購入者限定
(電話、リモート)
購入から1年間は専門スタッフが対応(英語)
詳しくはこちら(英語)から問い合わせしてください
価格
購入価格 無料 $108.90 $544.50 $1094.50
補足①
Internet ExplorerもありますがサポートフォーラムがFirefox / Chromeのみため省略しています。
補足②
JavaScriptが使えるのはEnterprise Editionになります。

それとiMacros機能比較チャート(英語)で価格を確認すると

  • ドルで購入する場合:$1,094.50
  • 日本円で購入する場合:165,000円

現在のレートは1ドル108円計算すると金額が合わないようです。ドルで決済した方が安いのではと思います。
※価格や仕様は2019/11/11時点です。今後変更になる可能性があります。

ノーノちゃん

無料版で残念なのが特に「ループ回数」「コマンドの行数」と「データ入力」だね。
この3つが制限されると、自動化の幅が狭くなります。次の項目で、無料版で快適に使う方法をご紹介します(*^^*)

テイくん

2. 無料版で機能制限をなくす方法

有料版を買わなくても、無料版で有料版(エンタープライズ)に近い状態で使うことができます。

Firefoxブラウザのバージョンをダウングレードして、iMacros8.9.7にするという方法です。

すべて有料版と同じになるわけではありませんが「初心者向け比較表」の機能制限がなく使えます。

機能制限がなく使える項目

ダウングレードの方法はこちら
iMacrosの初期設定と導入方法iMacrosに必要なFirefox、SmoothCSVの導入方法と初期設定(保存版)【PART.1】

3. まとめ

おすすめの方法は、まず無料版(ダウングレード)で使ってみる。

そして、使いこなせてきたら結構高いですが有料版を検討する。

まとめ
  • 有料版と無料版の違いは機能制限
  • ダウングレードすると初期投資が0円