未経験のITエンジニア転職【テックキャンプ】

Lightroom【綺麗に仕上げる】テクスチャ・明瞭度・かすみの除去・彩度

Lightroom Classic外観パネル

Lightroom Classicのテクスチャ・明瞭度・かすみの除去を使うと、写真の仕上がりを整えることができます。

ただ用途や違いが分かりにくいので、それぞれの使い方をご紹介しています。

ノーノちゃん

意味がわからないまま、いつも使っているよ。
変化が似ていますからね。どんな写真で使えばよいのかご紹介しますね。

コヤくん

1. 外観パネル

テクスチャ・明瞭度などの補正は、現像モジュールの階調パネルで行います。

Lightroom Classic外観パネル

項目は5つ用意されているので、それぞれ解説していきます。

テクスチャ

Lightroom Classicテクスチャ

テクスチャは、解像感を高めてシャープにしたり、ソフトにすることができます。

数値を変化させても写真のコントラストや色味の変化が小さく、どの写真でも適用しやすい特徴があります。

この写真の一部を拡大して、変化させてみます。
Lightroom Classicテクスチャ

Lightroom ClassicテクスチャLightroom Classicテクスチャ

+100にすることで、外壁のタイル模様がクッキリするようになりました。

被写体を精細に見せることができるので、風景などをシャープネスのように使うことができます。

テクスチャのマイナス効果

テクスチャをマイナスにすると柔らかくなるので、肌レタッチに活用することができます。

Lightroom ClassicテクスチャLightroom Classicテクスチャ

上の写真はテクスチャの-100に加えて、明瞭度もマイナスにすることで効果を高めています。

肌レタッチは補正ブラシが必要になります。使い方はこちらで解説しています。
Lightroom Classic補正ブラシLightroom Classic【補正ブラシ】で美肌レタッチや部分補正ができる

テクスチャの特徴
  • 解像感を高めてシャープにする
  • マイナスにすると柔らかい表現になる(肌レタッチ向き)
  • 色やコントラストの変化は少ない

明瞭度

Lightroom Classic明瞭度

明瞭度は、画像のコントラストを高める効果があります。

Adobeによると中間調のコントラストを調整すると書かれていて、これは極端に明るい部分と暗い部分を除いて、コントラストを調整できるという意味になります。

実際の写真ではこのように変化します。

Lightroom Classic明瞭度Lightroom Classic明瞭度

極端な例ですが、明瞭度+100にするとコントラストが上がり、空は白飛びが抑えられています。

このように白飛びを防ぎながら、写真のコントラストを高くできるのが明瞭度の特徴になっています。

ただ数値が大きいと線が太くなってイラストのような印象になるので、わずかな数値でコントラストを調整する用途に適しています。

明瞭度のマイナス効果

明瞭度をマイナスにすることで、お花の印象を柔らかくすることができます。

Lightroom Classic明瞭度マイナスLightroom Classic明瞭度マイナス
明瞭度の特徴
  • コントラストを上げてメリハリを出す
  • 白飛びを防ぐ
  • 色の変化が少ない

かすみの除去

Lightroom Classicかすみの除去

かすみの除去は、霧やかすみなど大気の影響で白っぽくなった写真をクリアにする機能になります。

実際にはこのような変化があります。

Lightroom Classicかすみの除去Lightroom Classicかすみの除去

プラスにすると、霧が晴れたクリアな景色になりました。

同時に暗部がより暗くなり、色が濃くなるため、補正によっては彩度を下げたり露出量を上げてバランスを整えることもあります。

下の写真のように白っぽく写った風景写真にも、かすみの除去は適しています。

Lightroom Classicかすみの除去Lightroom Classicかすみの除去

かすみの除去を+50にすることで空気が澄んだような写真になり、また青空の色が濃く出てきました。

かすみの除去の特徴
  • 大気のかすみを減らしてクリアにできる
  • 暗部が引き締まる
  • 色が濃くなる

自然な彩度・彩度

Lightroom Classic彩度-自然な彩度

色の濃さを調整する彩度は、2種類用意されています。

それぞれの違いはこのようになります。

彩度の種類
  • 自然な彩度:薄い色が変化・青が濃くなる
  • 彩度:全体的に変化・赤が濃くなる

薄い色と濃い色を並べて、彩度を変化してみました。

まず「自然な彩度」を高めた場合です。

Lightroom Classic自然な彩度Lightroom Classic自然な彩度

「自然な彩度」は薄い色を中心に色を濃くする特徴があります。

また青系は色が濃くなりますが、赤系の色は変化が小さくなっています。

薄い色のオレンジやピンク系もあまり濃くならないので、人肌の彩度の変化も小さくなります。

次に、「彩度」を高めた場合です。

Lightroom Classic彩度Lightroom Classic彩度

「彩度」は全体的に彩度が上がっていて、青系より赤系の色の変化が大きくなっています。

また「自然な彩度」に比べて、ポップな色になる傾向があるのも特徴です。

このテストだけでは違いがわかりにくいので、花の写真で比較してみます。

Lightroom Classic自然な彩度Lightroom Classic自然な彩度
Lightroom Classic自然な彩度Lightroom Classic彩度

同じ+60ですが、「彩度」は赤い花がさらに濃くなっていて、派手な色合いになっています。

もう一つ、青空の風景写真でも比較してみます。

Lightroom Classic彩度
Lightroom Classic自然な彩度Lightroom Classic自然な彩度

青空の場合は「自然な彩度」の方が色が濃くなっています。

ただ木々の緑は「彩度」の方が濃く鮮やかな色になっていて、色によって変化に違いがあります。

実際はここまで彩度を上げることはあまりないと思いますが、写真のどの部分を濃くしたいのかをイメージしてから調整するのがよいと思います。

その他の彩度調整方法
「HSL/カラー」パネルを使うと、各色ごとに彩度・色相・輝度を調整することができます。

ノーノちゃん

外観パネルだけでも、かなり写真を変えることができるね。
はい。それだけに使いこなすのは難しいとも言えますね。次は実際の使用例をご紹介しましょう。

コヤくん

2. 実際の補正例

実際のレタッチで外観パネルの操作を2つご紹介します。

曇りの日に撮影したこの写真を補正してみます。
Lightroom Classic外観パネルかすみの除去

見栄えのよいレタッチ

写真は露出が暗く色も出ていないので、それらを補正して見栄えのよい写真にします。

1

明るさ補正

色温度、露出量、ハイライト、黒レベルを調整します。
Lightroom Classic外観パネル操作
次にかすみの除去を使って黒が濃くなるため、黒レベルはあまり下げないようにしています。

2

かすみの除去を補正

Lightroom Classic外観パネル操作
かすみの除去によって黒が引き締まり、水面に透明感が出てきました。
全体の彩度も同時に上がっています。

3

彩度を補正

Lightroom Classic外観パネル操作
ここでは変化がわかりやすいよう、やや高めの彩度にしておきます。

このように補正できました。

Lightroom Classic外観パネルかすみの除去Lightroom Classic外観パネルかすみの除去

かすみの除去により川の綺麗な色が浮かび上がりました。

また露出量を上げ過ぎると紅葉の色が薄くなるので、あまり全体が明るくならないバランスにしています。

霧のレタッチ

先ほどのレタッチを少し変更することで、霧がかったような写真にすることもできます。

1

色温度・露光量を補正

Lightroom Classic外観パネルかすみの除去
色温度を少しブルー寄りに、+0.56だった露光量を下げて+0.35にします。

2

明瞭度・かすみの除去を補正

Lightroom Classic外観パネルかすみの除去
明瞭度をマイナスにして画質をソフトにし、かすみの除去をマイナスにして白っぽくします。

1回目のレタッチと比較してみます。

Lightroom Classic外観パネルかすみの除去Lightroom Classicかすみの除去-明瞭度

霧がかったような雰囲気になりました。

このように明瞭度やかすみの除去はマイナスにして雰囲気を変えることもできます。

ノーノちゃん

写真の雰囲気がかなり変わるね。一気に写真が良くなりそうだ。
変化が大きいですよね。バランスよく不自然にならないようにすることもポイントになります。

コヤくん

3. 失敗例

外観パネルは写真の雰囲気を簡単に変えることができますが、写真に合わない補正になることもあります。

下のようなお寺の写真で、明瞭度を上げてみました。

Lightroom Classic明瞭度失敗例Lightroom Classic明瞭度失敗例

明瞭度は+30に上げると、ギラギラとしたお寺の雰囲気に合わない補正となりました。

明瞭度プラスは写真をダイナミックにしたい場合や、夜景やイルミネーションの味付けなどに適しています。

また、コントラストが欲しい写真の微調整などによさそうです。

ノーノちゃん

たった+30でも、変化が大きいね。
明瞭度が合うかどうかは写真によりますね。スライダーを動かして試してみてください。

コヤくん

4. よくある質問

明瞭度とシャープは、どちらも画像をクッキリさせる効果があります。

ただ効果は以下のような違いがあります。

  • 明瞭度:コントラストが変化してクッキリする
  • シャープ:細部のエッジを強調する

Lightroom Classic明瞭度シャープの違い

まず明瞭度の変化になります。

Lightroom Classic補正なしLightroom Classic明瞭度

コントラストが強くなるため、ダイナミックに写真の雰囲気が変わります。

次に、シャープの変化になります。

Lightroom Classic補正なしLightroom Classicシャープ

細部のエッジがシャープになり、線が細くなったような印象です。効果を強くすると被写体によっては白いフチ(ハロ)が発生します。

明瞭度はコントラストの変化になるので、単に解像感を高めたい場合はシャープやテクスチャがおすすめです。

参考に、テクスチャの変化も比較しておきます。

Lightroom Classic補正なしLightroom Classicテクスチャ

テクスチャは細部の変化になりますが、解像感を高める効果があります。

実際の補正はここまで極端にしないと思いますが、このような効果の違いがあります。

モバイル版のLightroomでも使用できます。

Lightroomモバイルかすみの除去・明瞭度・テクスチャ・彩度・自然な彩度

彩度・自然な彩度は「カラー」タブに、テクスチャ・明瞭度・かすみの除去は「効果」タブに入っています。

5. まとめ

テクスチャ・明瞭度・かすみの除去の使い方がわかるようになると、写真の仕上がりを変えることができます。

レタッチの際にそれぞれ効果を見ておくと、最適な使い方ができるようになるのでぜひ試してみてください。

まとめ
  • テクスチャは細部をシャープにする
  • 明瞭度はコントラストでクッキリと
  • かすみの除去でクリアにできる
  • 2種類の彩度の特徴を覚えよう